« 10月23日 | トップページ | どこに住もうか?(2) »

2006年10月24日 (火)

どこに住もうか?(1)

2003年夏

(前の話)

前回の記事で、どこに家を買おうかということで、そのとき住んでいた最寄り駅
から沿線を下った急行停車駅に決めたと書きました。今回は、なぜここに決め
たのかということについて書こうと思います。

前にも書きましたが、嫁さんの実家のあたりは、都内でも有数の高級住宅地で
す。家を借りるぐらいならば、なんとかなっても、家を買うことは値段的にほとんど
無理です。

それだけでなく、街が古くなっています。どういうことかというと、熟年世代は多
いが、子育て世代やファミリー世代は少ないということです。これは街にある店
も変えてしまいます。熟年世代向けの店は増えますが、若い世代向けの店は
変わらないか、減っていきます。
# 最近のお金持ちは六本木ヒルズとかに住んでしまいますからねぇhappy01

うちの家族が住んでいた2階建てアパート(2棟)で、子供はうち以外に一人だけ。
近所に住んでいる子供も一人だけでした。友達の住んでいる地区(同じ区内)で
は同じ小学校に行くこともが近所にほとんど居ないという話でした。少しだけ居
る子供達も私立小学校へ行ってしまうということでした。
# かく言う、友人の子供も私立へ行きました。

私の不安は、そこにありました。妻の実家に色々と助けてもらえるのは、非常に
ありがたい。しかし、この街で子供を育てたときに、子供たちはここを故郷と呼べ
る場所になりえるのか、10年後、20年後にここが街としてちゃんと機能している
のかというのが私の疑問でした。

その1つの答えを千葉さんがブログ多世代の人々が街に集まってこそ、街は活
性化する
に書いていました。私もそう思います。では、どうやったら、そういう多
世代が住む街にどうやったら、住めるのでしょうか?私の考えた方法は、これま
でも、これからも人の流入がある(であろう)街を探すということでした。しかし、こん
な街見つかるのでしょうか?私の場合は運よく見つかったと思います。今、住ん
でいる街は、昔ながらの商店街があり、地元の人が居ます。また、開発できるよ
うな場所も残っているため、新しい人が入ってくる余地はあります。また、そのバ
ランスも悪くないと思っています。
 (地元の人)>(入ってくる人)
というバランスですね。

長くなってしまったので、これ以外の理由については、次の記事にて。

« 10月23日 | トップページ | どこに住もうか?(2) »

家探し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39466867

この記事へのトラックバック一覧です: どこに住もうか?(1):

« 10月23日 | トップページ | どこに住もうか?(2) »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ