« 電話の向こうで祭囃子が聞こえる | トップページ | 10月23日 »

2006年10月21日 (土)

それはカナダで始まった(3)

2003年夏

(前の話)

妻と話をすると、まあいいかなという話であった。どちらかといえば、引越し先が
気になるということであった。確かに、これまでの家は、妻の実家のすぐ近く。実
家と私たちが住んでいた場所は、味噌汁の冷めない距離ならぬ、無線LAN
の届く距離
と友人から揶揄されたぐらいの近さでした。何かと実家の世話に
なっていることもあります。

ということで、まず2人で考えたのはどこで家を買うかということです。妻の実家の
近所で買えれば問題はないのですが、東京でも有数の高級住宅であるため、私
の収入では家族4人の住める家は買えません。まず、考えたのは、沿線沿いに
下ることでした。新しい勤務先もその先になるはずだったので。さて、ここで活躍
したのが、ISIZE住宅情報(住宅情報ナビの前身)でした。まだ、家の価格帯もわ
かっていなかった私は、妻と一緒にISIZEで、色々なことを学びながら、沿線沿い
の家を探し始めたのです。

おぼろげな記憶によると、その頃のISIZEでは家を探すためには、大まかな住所
か、駅を指定する必要があったと思います。あとは、徒歩か、バスかなどの情報
を選ぶと、家の情報が出てくるというシステムだったと思います。その中で、見つ
けたのは、1つのマンションでした。沿線を20分ほど下った急行停車駅の徒歩圏
に建築中のマンションでした。しかし、カナダに住んでいた私は実際にモデルルー
ムへいくこともできず、家の購入話は、帰国するまでお預けとなるのでした。

« 電話の向こうで祭囃子が聞こえる | トップページ | 10月23日 »

家探し」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39466865

この記事へのトラックバック一覧です: それはカナダで始まった(3):

« 電話の向こうで祭囃子が聞こえる | トップページ | 10月23日 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ