トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

2006年10月31日 (火)

ソフトバンクからの逃避

私は、ソフトバンクの携帯持ってます。元々は、Jフォンの携帯持っていたの
ですが、Jフォン、ボーダフォンと変わって、ついにソフトバンクとなりました。
直に解約するのは、年間契約の違約金を払わなきゃいけないので、やりま
せんが、年間契約が終わったときには、解約して、auに移ろうかなと思っ
てますhappy01 さすがに、新スーパーボーナス使わずに機種変更するのに4万、
契約年数はリセット、他の料金形態に移るにも、新スーパーボーナス必要と
いわれると正直契約し続ける必要はないと思ってしまいましたangry

実は、私、ソフトバンク(YahooBBも含む)からは、ずーっと逃げてたのです。

あれは、ADSLがまだ一般に普及する前、東京に始めてのADSLのプロバイダ
東京めたりっく通信に加入していたのでした。そのころつなぎ放題
定額、下り最大1.5M、ホームページ100Mのサービスはどこも行っておらず、
新しいもの好きな私は早速加入していたのです。しかし、会社は経営危機に
陥り、ADSLの技術と共に、YahooBBに吸収合併されたのでした。とりあえず
は、まったく同じサービスなので、契約していたのですが、YahooBBと同じに
なるということで、解約したのでした。

しかし、そんな私もついにソフトバンクに捕まってしまいました。。。。
契約したマンションには、Yahoo光が入っているのです。しかも、管理費に使
用料金も含まれているとのことです。これで、そのマンションに住む限りは、
ソフトバンクからは逃れられないって落ちがついてしまいました。。。。
# 別途回線引けばいいのかもしれませんが、さすがにそんな余裕はなさそうです。

2006年10月30日 (月)

10月30日

さて、本日のマンションです。前回の写真と比べると、真ん中の6階部分の足場が
できていますね。クレーンがほとんど見えなくなってますね。もうクレーンの出番は
終わりなんでしょうか?

こっちは6月29日、ほぼ4ヶ月前です。クレーンがほとんど見えています。たった4ヶ
月でここまで作れるものなんですねぇ。工程表を見ると、まだ基礎工事のころです。
なので、足場も何もできてません。

さて、最後は、今週のスケジュールです。コンクリート打設、仕上げ工事が進んでる
ようですね。内部、外部とも仕上げしてるはずなのですが、外部仕上げもなかなか
見えませんねぇ。予定では半分ぐらいは終わっているはずなのですが。

賃貸マンション見てきました??

この間の日曜日、賃貸マンションを見てきました。なんで、見に行ったかというと、
この賃貸マンション実は昔買い損ねたマンションなのですdespair

経緯はそのうち書きますが、ほぼ買う予定だったマンションが1本の「売れなくなり
ました」という電話で買えなくなったのです。マンション自身は無事に完成し、賃貸
として貸し出されてるということです。つまりは、REITにまわされたということです。

ららさんが書いてる物件と同じように、この物件、フリーレントが設定されてます。
また、礼金も0円になってます。さすがに敷金は取られるようですが。どこぞの
携帯電話会社みたいですねhappy01

家賃はというと、15万〜25万で、このあたりにすると、新築にしてもかなり高
い物件
です。1年の契約制限があるとして、1年後どうなるのでしょうかね。ほ
とんど部屋が埋まってたようですが。。。

さて、物件の中身です。3LDKと4LDKを見せてもらいましが、いまいちでした。検討
していたときは、3LDKのプラン変更して、大きな部屋を作ろうと思ってたのですが、
改めて、小さく区切られた部屋をみると、やっぱり住んでみたいとは思えませんでし
た。また、4LDKの部屋は部屋が多いのはいいのですが、占有面積が広くないので、
一つ一つの部屋が狭くなってします。両方とも、やっぱり住んでみたいとは思えず
完全にふっきることができました。契約中のマンションがやっぱりええと思えるよう
になりましたlovely

2006年10月29日 (日)

履修不足

世間を賑わしてる必修科目の未履修問題の話をちょいとしましょう。大まかに説明
すると、
・ 高等学校の学習指導要領にある必修科目を履修していない生徒がいる
・ 生徒の意思で取らなかったわけではない
・ 高等学校のカリキュラムとして、生徒に取らせなかった
・ 高等学校としては、入試対策のために授業時間を入試科目に振り替えた
というところでしょうか。未履修問題を起こした高等学校というのは、進学校が多い
という話です。予備校などがない地方で高校がすべての勉強の面倒を見なければ
ならないことが一つの原因のようです。また、2002年から始まった週5日制で、時
間が足りないというのも原因の一つでしょう。悪いのは誰という話になると、今回の
ことは、カリキュラムを決めた高校の先生が悪いってことになると思いま
す。

でもね、
「補習出ない」「学校ふざけるな」 履修漏れ、受験生ら
とか、
高校未履修問題 政府が救済策検討 深刻化で方針転換
ってのは何でしょうか?特に、森元首相の発言
「もう一度授業を受けさせるようなことは必要ない。世界史の本でも読み、
論文を 出してもらうなど、寛大な措置を取るべきだ」(森喜朗元首相)

というのが一番馬鹿らしい発言だなぁと思います。なぜ、こんなことをいうので
しょうか?

高校生に与えられる3年間は平等です。その期間で、高校で履修するすべての単
位を取り、大学入試の準備をするものでしょう。その時間をどう使おうと、それは高
校生の自由だと思います。その結果卒業できなくなる人もいるでしょう。浪人する人
もいるでしょう。今回、未履修だった生徒は、その履修しなかった分だけ、時間があ
ったわけです。その時間で他の科目を勉強したのではないのでしょうか?全うに履
修した人と同じ時間の授業を受けなければしかないと思います。

人数が多いから、非はないから、法を曲げろとか、救済しろって話になると、社会が
おかしくなるではないでしょうか。

もし、どうしても特例とするなら、こんなのはどうでしょうか?
・ 補修は行う。ちゃんと出た人は、高校卒業とする
・ 出なかった人は、必修科目を取ってないので、高校卒業とはしない
・ 来年の大学入試に限り、補修に出なかった生徒は受けることを許す
・ ただし、高校を卒業していないので、大学を卒業しないと中卒になる。
こうすると、大学には入った人は、がんばるのではないでしょうか?文科省はどん
な案を出してくるのやら。。。

この問題、耐震偽装問題と同じようなところに根っこはあると思います。わからな
きゃやってもいいんだってのがね。また、耐震偽装を起こした企業が政府を動かし
てなんとかしようとしたこととかね。私にとっては、教育の場で、こんなことが起
こったのが一番残念ですかねdespair

2006年10月27日 (金)

こんな機能は?

今回のお題目は、スマッチ!サーチに物申す!ってことで、ブログを書いてみたい
と思います。

スマッチ!サーチ、使ってみると非常に便利です。地名で簡単に新築マンションか
ら賃貸、土地まで探せます。私的に好きなのは、縮尺円が書けるところですね。

もうちょっと生活情報が表示されていると使いやすいかなと思います。例えば、病院
や小さな公園などですね。

ちょっと残念なのは、地域情報です。地域情報のボタンを押すと、地図の中心の地
域の県単位のクチコミ情報がでます。その場所が県境のあたりでなければ何の問
題もないのですが、県境の際にはちょっと困ります。両方の地域で、検索をしなけれ
ばなりません。ということで、中心から近いの地域の情報を表示するようにできない
でしょうか?県は違っても、近い地域の情報は欲しいと思うので。それぞれの情報
に地理情報をつければ、検索できるようになるとは思うのですが。どんなもんでしょ
うかね?happy01

10月26日

久しぶりにあった友人と酒を飲んで、いい気持ちになってる謎院です。
さて、今日(10月26日)のマンション定点観測です。前回とあまり変わってないで
すね。左側の7階部分が少し進みましたかねぇ?

こっちは、6月20日の写真です。徐々に基礎工事が終わって、少しづつ1階部分
の工事が始まっています。


ところで、このマンションの近くで解体工事が始まってます。困ったことが起こら
なければいいのですが。。。。shock

2006年10月25日 (水)

どこに住もうか?(2)

2003年夏

(前の話)

急行停車駅の街に決めた理由の続きです。

私は仕事柄、月一ぐらいで出張があります。年に1度ぐらい海外出張もあります。
新幹線で行くときには、東京か、新横浜へでなければなりません。飛行機で行く
ときには、羽田まで行かなければなりません。国内出張では、時間がないことも
多く、朝一にでて、最終で帰ってくることもあります。ある程度は、交通の便のよい
ところでないと、出張に行くのも大変です。急行停車駅は、別の路線との乗換え
ができる駅になっています。私にとっては、かなり便利な駅です。

また、出張をするときには、自分でチケットを取らなければなりません。sad
取る事自身はいいのですが、問題は店に行ける時間です。仕事から帰ってこれ
るのは、早くて8時頃、遅ければ9時10時です(まあ、その時間で帰れるのはまだ
ましなんでしょうけどね)。以前住んでた所の最寄り駅では、店がその時間には、
ほとんど閉まっています。今の最寄り駅だと、9時ごろまでは開いているところも
あり、なんとか助かってます。ネットを使えばいいのかもしれませんが、領収書を
もらう必要もあり、店舗に行かなければならないのです。

後は、モントリオールに住んでいたときの影響でしょうか。正確にいえば、都市生
活に慣れてしまったということでしょうか。モントリオールという街では、歩いてい
ける、もしくはメトロに乗ることでほとんどのことが済ませることができました。例
えば、映画が見たければ、歩いていける範囲に何件もあったり、デパートもあり、
おいしいレストランもあるという状態でした。メトロに乗れば、大リーグの試合も見
に行けますし、カジノにもいけます。夏には、映画祭も、F1もあります。ついでに
いうなら、国際空港もタクシーで30分(約3000円ぐらい)で行けるもあります。でき
れば、東京でもこんなところで生活できれば思ってしまったのです。それに少し
でも近かったのが、急行停車駅周辺の街でした。

次回は、東京に帰ってきて、初めて見たモデルルームの話(の予定)です。

2006年10月24日 (火)

どこに住もうか?(1)

2003年夏

(前の話)

前回の記事で、どこに家を買おうかということで、そのとき住んでいた最寄り駅
から沿線を下った急行停車駅に決めたと書きました。今回は、なぜここに決め
たのかということについて書こうと思います。

前にも書きましたが、嫁さんの実家のあたりは、都内でも有数の高級住宅地で
す。家を借りるぐらいならば、なんとかなっても、家を買うことは値段的にほとんど
無理です。

それだけでなく、街が古くなっています。どういうことかというと、熟年世代は多
いが、子育て世代やファミリー世代は少ないということです。これは街にある店
も変えてしまいます。熟年世代向けの店は増えますが、若い世代向けの店は
変わらないか、減っていきます。
# 最近のお金持ちは六本木ヒルズとかに住んでしまいますからねぇhappy01

うちの家族が住んでいた2階建てアパート(2棟)で、子供はうち以外に一人だけ。
近所に住んでいる子供も一人だけでした。友達の住んでいる地区(同じ区内)で
は同じ小学校に行くこともが近所にほとんど居ないという話でした。少しだけ居
る子供達も私立小学校へ行ってしまうということでした。
# かく言う、友人の子供も私立へ行きました。

私の不安は、そこにありました。妻の実家に色々と助けてもらえるのは、非常に
ありがたい。しかし、この街で子供を育てたときに、子供たちはここを故郷と呼べ
る場所になりえるのか、10年後、20年後にここが街としてちゃんと機能している
のかというのが私の疑問でした。

その1つの答えを千葉さんがブログ多世代の人々が街に集まってこそ、街は活
性化する
に書いていました。私もそう思います。では、どうやったら、そういう多
世代が住む街にどうやったら、住めるのでしょうか?私の考えた方法は、これま
でも、これからも人の流入がある(であろう)街を探すということでした。しかし、こん
な街見つかるのでしょうか?私の場合は運よく見つかったと思います。今、住ん
でいる街は、昔ながらの商店街があり、地元の人が居ます。また、開発できるよ
うな場所も残っているため、新しい人が入ってくる余地はあります。また、そのバ
ランスも悪くないと思っています。
 (地元の人)>(入ってくる人)
というバランスですね。

長くなってしまったので、これ以外の理由については、次の記事にて。

2006年10月23日 (月)

10月23日

さて、今日の定点観測写真は、6月12日のものです。このころは、マンションを
契約した直後で、うきうきしてた頃ですlovely。まだ何も見えませんが、基礎工事
をやっている時期です。

こちらは、本日(10月23日)の画像です。上の写真の時とほぼ同じ位置から撮っ
ています。同じ車が写っているのでわかりますかね。前回の写真と比べると、
丁度左上の部分に7階部分の躯体工事が始まっていますね。実は、そろそろ
写真をとるのも大変になってきています。この写真も大分上を向いて撮らなけ
ればならなくなってます。もう少しで、最上階までできるはずなんですが

最後の写真は、ちょっと見づらくなってしまいましたが、一週間の作業予定表
です。鉄筋枠工事というのが、7階部分の工事でしょう。仕上げ工事は、内装
関係でしょうから、この写真からはわかりません。早く中が見たいですねぇhappy01

2006年10月21日 (土)

それはカナダで始まった(3)

2003年夏

(前の話)

妻と話をすると、まあいいかなという話であった。どちらかといえば、引越し先が
気になるということであった。確かに、これまでの家は、妻の実家のすぐ近く。実
家と私たちが住んでいた場所は、味噌汁の冷めない距離ならぬ、無線LAN
の届く距離
と友人から揶揄されたぐらいの近さでした。何かと実家の世話に
なっていることもあります。

ということで、まず2人で考えたのはどこで家を買うかということです。妻の実家の
近所で買えれば問題はないのですが、東京でも有数の高級住宅であるため、私
の収入では家族4人の住める家は買えません。まず、考えたのは、沿線沿いに
下ることでした。新しい勤務先もその先になるはずだったので。さて、ここで活躍
したのが、ISIZE住宅情報(住宅情報ナビの前身)でした。まだ、家の価格帯もわ
かっていなかった私は、妻と一緒にISIZEで、色々なことを学びながら、沿線沿い
の家を探し始めたのです。

おぼろげな記憶によると、その頃のISIZEでは家を探すためには、大まかな住所
か、駅を指定する必要があったと思います。あとは、徒歩か、バスかなどの情報
を選ぶと、家の情報が出てくるというシステムだったと思います。その中で、見つ
けたのは、1つのマンションでした。沿線を20分ほど下った急行停車駅の徒歩圏
に建築中のマンションでした。しかし、カナダに住んでいた私は実際にモデルルー
ムへいくこともできず、家の購入話は、帰国するまでお預けとなるのでした。

2006年10月20日 (金)

電話の向こうで祭囃子が聞こえる

少し前にバトラー先生が祭囃子について書かれていました。そのリンク先を見て
いると、布団屋台が懐かしくなってきたので、私もネットを探してみました。そうす
ると、動画で見つかりましたhappy01

御厨神社の秋まつり
# 少し重いのでご注意を

数年前には、このお祭りに合わせて、家族と実家に帰りました。そのときには、白装
(はくちょう)と呼ばれる白い服を着て、お神輿を担いできました。これで布団屋台に
乗ったことから始まった、青年団、中老会というそのムラでのサイクルが終わったこ
とになります。これで私のDNAにも故郷というのが刻まれたということですね。子供
に同じことをしてやれないのは、少し残念ですが、彼は彼なりの故郷を東京で見つ
けるのだと思います。

そして、母親からの電話では、この時期必ず「太鼓の音が聞こえるよ」という電話が
掛かってきます。母親にとっては、祭囃子がDNAに刻まれているのでしょう。それが
私にもやっと伝えられたということでしょうか。

また、バトラー先生も書いてましたが、私も近所の祭りには参加できません。確か
に、楽しそうに参加している人もいます。これから子供の成長と共に少しは参加で
きるようになればなぁと思っています。今、住んでいる町がもう1つの故郷と呼べる
ように。

2006年10月19日 (木)

10月19日

以前のブログで書きましたが、私には既に契約したマンションがあります。このマン
ションを購入しようかどうか悩んでいた頃から、建築予定地の写真を撮り始めまし
た。初めての写真がこれです。

この写真を撮ったのが6月5日です。手前の畑も、向こう側の民家も全て見えますね。
マンションの契約をしたのが6月11日なので、この頃は買うかどうかを悩みに悩んで
いた時期ですね。工程表を見ると、基礎躯体工事となっていますね。マンションの地
下部分の工事をやってるんですね。

この約4ヵ月後、10月19日の写真がこいつです。

右手のほうが5階部分まで、左手のほうが6階部分まで覆われて、工事が行われて
ます。工程表を見ると、6階、7階部分の躯体工事の時期ですね。外部足場解体も
始まるように書いてありますが、まだそんな感じは見えませんね。

という感じで、なるべくリアルタイムの写真とその何ヶ月か前の写真を見せていきた
いと思っています。最後には、アニメーションGIFにでもできると面白いですかねhappy01

2006年10月18日 (水)

それはカナダで始まった(2)

2003年夏

モントリオールで快適な生活をしていた謎院一家。そんな私が家を買おうと
思った理由は転職でした。カナダの出張中の私にちょうど転職の話が来
たのでした。いい話ではあったので、転職しようと決めたのはいいのですが、
問題は勤務先でした。今までは、愛用のママチャリで、勤務先まで片道30
分をかけて、通っていたのです。今度の勤務先は、とてもママチャリで行け
る距離ではありません。電車でも、1時間は掛かってしまう距離です。ドアツ
ードアで1.5時間というところです。しかも、仕事に関しては、今よりもかなり
忙しくなること確実です。

また、そのころ妻が2人目の子供を妊娠しました。。喜ばしい話ではあるの
ですが、私の頭をよぎったのは、当時住んでいた東京の家でした。この家は、
妻の実家に近いという点ではよかったのですが、2LDKで40平米という2人で
住むにはほどよい広さ、3人で住むにはちょっと狭いかなというところでした。
そこに、4人目で住むとなると。。。despair 想像するだけでちょっと頭が痛くなりま
す。もう1つ頭の痛いことがありました。その家では、雨漏りがしてたのです。
しかも、管理会社に何度連絡しても、雨漏りしてるところをデジカメで撮っても、
なんの対策もしてくれないときています。正直なところ、カナダへ行く前に、引
き払いたかったのですが、カナダの滞在期間が1年しかないために、一旦家を
引き払い、荷物を預けて、再度引越しというのは、さすがに無理だという判断
で、泣く泣く諦めたのでした。

さて、ここで私と妻の会議が始まったのでした。(次回へ続く)

2006年10月13日 (金)

それはカナダで始まった(1)

2003年夏

その頃、私と家族(妻と長男)は、カナダのモントリオールに住んでいた。遊んでいた
わけではなく、仕事の関係で、1年ほど滞在していたのである。とはいっても、仕事
は、日本に居たときよりも、余裕があり、ちょっとのんびりとした生活をしていたの
である。

モントリオールというと、寒いイメージがあるかもしれませんが、夏(6月から9月頃
まで)は、ちょっと乾燥してますが、かなり快適に生活できます。クーラーの要らな
い生活ができます。それ以外の季節は大変かというというと、地下街が発達して
いるため、メトロ近辺に住んでいる人は、薄着でメトロに乗って、遊ぶこともできま
す。まあ、もっとも寒い2月頃には、-20度ぐらいになることもあり、外を歩くのは
大変だったりしましたが(笑)

住んでいた場所は、Furnishedと言われる家具付のアパートメントでした。このア
パートメントは、モントリオールでも、指折りのいい場所らしく、当時モントリオー
ルを拠点としていた大リーグ球団エクスポズの選手も住んでいる(との噂であっ
た)。確かに、日本で言うところのタワーマンションみたいな雰囲気はあった。地
下にスポーツジムを完備しており、自由に使えたり、入り口にはドアマンが常駐
していた。また、エレベータを使うと地下のショッピングモールへ直行できたり、
結構なに不自由ない生活を送っていたのです。

そんな生活を送っていた私が家を買おうと思ったのは(次回へ続く)

2006年10月12日 (木)

はじめの一歩

みなさん、始めまして、謎院といいます。

このたび、スマッチblogで家(マンション)の購入記を書くことになりました。
カナダで始まった家探しが、新築マンション、新築戸建て(、引越し)、新築マンシ
ョン、中古マンション、新築マンションと目標があっちこっちと変わった家の購入
記を書いていこうと思います。また、売買契約を結んだマンションの定点観測も
やってます。下は、今日撮ったばかりの契約済みのマンションの画像です。


さて、挨拶代わりに、30歳のバトン拾ってみたいと思います。

Q1)あなたの年齢は? 
37歳(妻と、2人のやんちゃ坊主の父親)

Q2)「30」と聞いてイメージするものを3つ挙げてください。
30歳になったら、何になる?って題で、昔の文集に書いた覚えがあります。
30度(角度ですね)
三十路(その昔、みそじ〜ずなるものが。。。despair)

Q3)30歳前後で尊敬している人(あるいは、応援している人)は誰ですか?
イチロー
中田英寿
というところですかね。やはり、世界に出て頑張っているのはすごいですよね。

Q4)30歳になったら、どんな家に住んでみたいですか? 
  30歳以上の人は、その頃どんな家に住んでいましたか?
30歳の頃住んでいた家は、結婚した当初住んでた家です。2LDK、40平米。築10年
未満のはずが、雨漏り(?)してました。そのうち、どんな家だったか書こうと思います。

Q5)30歳までにやってみたいことは何ですか? 
  30歳以上の人は、当時どんなことに熱中していましたか? 
30歳の頃というと、仕事に夢中でしたね。平日は、朝から夜まで仕事でした。後は、
生まれたての子供の世話ですかね。初めての子供で時間があれば相手してました。

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ