« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006年11月

2006年11月30日 (木)

11月30日とマンション外観

ちょっと遅くなりましたが、11月30日の定点観測です。まあ、変化はありません
ねぇ。ここまでくると、躯体工事は終わっているでしょうから。覆いを取るまでは、
この状態でしょうか。

こちらは、9月12日の写真ですね。4階部分の鉄骨がだいぶ増えていますね。
あとは、左側の高層階の部分も徐々に足場ができています。

最後に、最初の写真で、ちょっとだけ右端に見えているマンションの外観です。
元々、こういう外観だというのは、イメージCGでみてたのですけど、実際に見る
と、感慨もありますねぇlovely


2006年11月29日 (水)

ローンの申し込み

住宅ローン、どこにしよう?でも書きましたが、住宅ローンを申し込む時期になっ
てしまったようですdespair

東京三菱UFJ銀行は、事前審査が通っているので、住宅ローンは借りれると思われ
るので、それ以外のところから、資料を取り寄せてみました。

とりあえず取り寄せたのは新生銀行です。資料の取り寄せは、ウェブからできまし
た。2,3日後、A4サイズの封筒が届きました。中を見てみると、何枚かの説明チラシ
と申込書が入っておりました。

うーんと何日間かは、どうするかなと悩んではみましたが、えいやと書き上げて、
昨日ポストに投函してきました。審査が通るかどうかはわかりませんが、通ると、
金利、手数料共に、少し安めのローンが借りれることになりそうです。

週末に時間があれば、近くの銀行へ行って、幾らぐらいのローンになるのか、概算し
てもらおうかなとも思っています。でも、ネットで見る条件とはあまり変わらないの
だろうなぁ。なんか違う条件って出してくれるところあるのでしょうか

2006年11月28日 (火)

新築一戸建てを見る

2004年春

(前の話)

○○駅に到着したうちの家族。そこには車でやってきた不動産会社の担当さんが
待っておりました。2004年の春とはいえ、まだ早春の頃です。結構寒い時期でし
た。私たちは、寒さを避けて、車に乗り込みました。

と、本来なら、ここでどういう家を見たかということを書くべきなのでしょうが、書
けません。完全に忘れてしまいましたdespair 3年半ほど前の話なので、
どういう家を見たかという記憶がありません。この時期、週末になると3,4件の家
を見ていたのですが、どうも気に入ったのがなかったことは覚えています。私たち
の希望してた家は、
・○○駅から徒歩圏内
・日当たりよし(南向き?)
・4LDK
・最大4500万ぐらい
というものでした。今だと、ちょっと辛いかなという条件ですが、当時だと、条件に
合う家はありました。少なめではありましたがhappy01 担当者さんにちょっと無理め
の条件で色々と迷惑をかけてしまったかもしれません。その頃、探せば、掘り出し
ものはあるだろうと考えていたのでした。

しかし、時間切れとなってしまったのでした。妻の臨月が近くなり出かけるのも辛く
なってきたのです。私も転職が間近となり、残務整理などで、時間をとることができ
なくなってしまったのです。かくして、また時は流れることになるのでした。下の子
が生まれ、お出かけできるようになるまで。。。

2006年11月27日 (月)

11月27日

変わり無しと言いたいところですが、変わってました。囲われていた右端の部分
から顔を出しているのは、バルコニーではありませんかhappy01ようやく足場の解体が
始まったようです。とすると、もうすぐそれ以外の部分も解体されるのでしょうか
ねぇ。時間がなかったので、撮れませんでしたが、この右端部分今度にでも写真
に撮ってきます。

こちらは、9月7日の写真です。4階部分の鉄筋が徐々に見えていますね。まだ先は
長そうです。この頃、写真を撮りに、現場へ行くと、サッシが持ち込まれていまし
た。下のほうの階は、徐々に内装工事も進んでいたというところでしょうか。

最後は、今週のスケジュールです。もう終わったかと思われていたコンクリート打設
が復帰してます。相変わらず最上階の工事をやってるのでしょうか。外装も、写真か
らみると、5階部分ぐらいまでは終わってそうなのですが。

2006年11月26日 (日)

モデルルーム見学とFP

さて、昨日の夜に書こうと思ってたお話です。昨日は、不覚にも、子供を寝かせて
いると、さっくりと寝てしまい、朝まで起きれませんでした。

先週の土曜日にみたモデルルーム
に再度行ったというお話です。前回の訪問の
最後にある会社のファイナンシャルプランナー(FP)の人と話をしました。月々の収
入、年収や保険などから、どれぐらいの物件が買えるかというのを判断してもらっ
たのです。ちなみに、妻はモデルルームのキッズルームが今一というので、家に
子供と残りました。この前の病気の原因はそこにあると思ってるようです。

結果はというと、5000万円ぐらいまでの物件なら買えますよということでした。そ
のとき、検討にあがっていた物件が4500万ぐらいのものだったので、それに合わ
せて、計算されたかなと一瞬おもったのですが、どうも違うようです。ちょっと私の
感覚とずれているのは何かなと話を聞いていくと、どうやら、車を持たない
というのが効いているようです。ずっと車を持つということだけで、2000万から
3000万ぐらいは必要となってしまうということでした。その分だけ収支がよくな
り、不動産にかけるお金が増やせるという話でした。
# うちは、既に契約済み物件があるので、その物件を買うと、生活がどうなるかなと
# いうのを見たかっただけなので、当面は安心かということです。

問題となったのは、その後です。このFPの方は、某保険会社に勤めてる人で、
保険に話が移りました。どういうことかというと、もし、今私が死ぬと、基本的に将
来に向けて、必要となるお金は足りないということでした。まあ、どちらにしても、
マンションを買った後にでも、保険に関しては見直そうと思っていたので、ちょうど
いい機会かなと思って、話を聞きました。FPさんが作ってきてくれたプランは、現
在はちょっと高めにはなるけど、ずっと払う金額が変わらない保険。今の保険は、
10年単位で更新の入る保険です。当然のことながら、更新で金額は上がります。
どこかで見直すにしても、よくよく考えて見直さないといけませんね。このあたり
も、マンション購入に向けて、再考する必要はあるでしょう。
# まあ、このFPさん、プランの相談には乗ってくれるとのことなので、話を進めて
# もいいのですけどねhappy01

その後、モデルルームの人と会い、いくつか物件を薦められましたが、妻と話をして
からということで、外に出ました。無理に勧誘はしてこないようです。このあたりが
大手の余裕ということでしょうか。やはり、売れ行きのいいマンションだからでしょ
うかねぇ。それとも、女性だからなのでしょうかね。人当たりのよい担当の方で
した。

2006年11月25日 (土)

中古マンション見学後

2004年春

(前の話)

某不動産会社の担当さんに、色々な家を見てみたいと言ってしまった私の元に
届いたのは、大量のファックスでした。うちのファックスは、そのまま印
刷するわけではなく、いったんメモリーに保存します。で、小さな液晶で確認して、
必要なものだけ印刷することができます。困ったことに家の間取り図ってのは、
小さな液晶で、確認して、これは見てみたい、見たくないというのが判断できま
せん。大体、どこにあるかすら、判断できませんdespair

仕方なく、大量のファックスを印刷しようとしたのですが、いきなり印刷ができな
くなりました。何だろうとファックスを調べると、インクリボン切れです。元々
ファックスの受信なんてほとんど使いません。なので、予備のインクリボンなん
てありません。ということで、印刷は後日となってしまいました。

翌日、購入したインクリボンをセットして、印刷を再開しました。しかし、あんま
り、よさげなものがありません。どうしようかなぁと考えていると、当然の如く担
当さんからの電話が掛かってきます。
 担「どれか見てみたい家がありますか?」
 私「うーん、そうですねぇ。。。」
 担「○○のなんて、いいですよ〜」
 私「それよりは、××のほうがいいかなぁ」
 担「じゃあ、今週の土曜日はいかがでしょうか?」
 私「ちょっとまってくださいね。おーい、土曜日なんかあったっけ?」
 妻「ん、何もないかな。なに?」
 私「ファックスで来てた家を見に行かないって話」
 妻「わかった〜」
 私「じゃあ、いけますので。△△不動産までいけばいいですかね?」
 担「いや、○○駅のところで車で拾いますので、そこに×時ということで」
ということで、週末に新築一戸建てを見に行くこととなったのです。

2006年11月24日 (金)

ホワイトカラーエグゼンプション

ざっと、Wikipediaの記事やスラッシュドットジャパンの関連するストーリとか読ん
でみたのですが、なんとも言えない話ですなぁ。。。

というのも、私も既にこういう働き方してるからです。ここのところ、仕事が忙しく
て、休みも関係なく、妻に迷惑もかけて、仕事しておりました。子供たちの体調
が悪くなって急いで家に帰ってきて、何とか寝かしつけてから、仕事をするって
日が何日か続いていました。今日、なんとか終わらせたので、ちょっと余裕はで
きましたけどね。

話を戻しましょう。労働裁量性ってのは別に悪いとは思いません。必要なのは、適
切な仕事量とそれに対する賃金でしょう。それを適切に決めるのは結構難しいこと
です。例えば、作家や漫画家といった人だと、原稿1枚につき幾らというのが決まっ
てます。売れっ子なら、その単価が高くなりますよね。売れないなら、契約もなくな
ります。

じゃあ、ホワイトカラーと呼ばれてる人だとどうなるのでしょう?と一概には言い難
いというのが問題の本質かもしれません。一仕事幾らで契約することができるな
ら、いいのかもしれませんが、会社勤めをしている人だと、仕事の中には、どう考
えても雑務としか言えないようなものもあります。今の仕事場で、スポーツ大会の
幹事やったことがあります。労力は結構使いました。でも、無給です。当日も朝か
ら晩までドタバタといろんなことをやって、筋肉痛になって、次の日の仕事も辛か
ったです。満足感はありましたけど、無給です。

雇用者が会社と対等に話ができ、双方の納得のいく形で、契約が結べれば、よい
のかもしれません。しかし、今の世の中、会社と対等に話のできる雇用者がどれだ
けいるでしょうか?会社から、自分に不利な内容でと言われて、ノーといえる雇用
者はどれだけいるのでしょうか。どこかに、セーフティがないと、一部の人には大変
なことになりそうです。

あまりきつ過ぎるセーフティだと、経団連の人たちの希望には添えないでしょうけど
wink

2006年11月23日 (木)

11月23日と更地

今日は職場のスポーツ大会で一日ソフトボールやって、体中が筋肉痛になってる
謎院です。さて、おなじみの定点観測です。ほんに変わり映えしません。工事は
進んでるようなのですが。。。

こちらは、8月30日です。3階部分の覆いができてますね。この頃、中では、2階
のコンクリート打設の養生もおわり、3階の柱配筋を行ってるということです。

今回は、もう一つ写真があります。これが問題の更地です。本当に綺麗さっぱり
無くなってます。少し大きな一戸建てが建ってたのですけどね。これだけの広さが
あれば、家が二軒建つので、さっと建ってくれるといいのですけどねぇ。。。

2006年11月22日 (水)

中古マンションを見る(2)

2004年春

(前の話)

タワーマンションのオープンルームの見学が終わった私たち家族は、元の不動産
会社へ戻ってきました。担当の人も当然一緒です。そこで始まったのは、セールス
トークです。いかがでした?どこがよかったですか?それとも駄目でした?と話が
続きます。このときの担当さんは、若い男性でした。確か宅建の免許も持ってなか
ったと思います。人当たりのよい人では、ありましたが、ここから結構長い間の付
き合いになるとは、このとき予想もしませんでしたdespair

適当に話をしながら、会話は続きます。中々おわるそぶりもありませんでしたが、
考えておきますということで、この場は終わらせようとすると、担当さんが中古マン
ション以外は考えてないのですか?この金額なら、新築一戸建ても買えますよ。
という悪魔のような言葉(笑)が聞こえてきました。もともと私も妻も一戸
建てで育った人間です。子供も男の子が居て、次はどちらが生まれるかまだ判っ
てない時期でした(結果的には男の子が二人になってしまったのですがhappy01)。
男の子が居る限りは、家の中で走り回ることは当然の如く考えられます。妻も昔
習っていたピアノを弾きたいって夢も持っておりました。庭があればガーデニング
もできるってもんです。と、想像力豊かに考えてしまいました。これが私たち家族
の家探しの迷走の原因だったのかもしれません。。。despair

そこで私は、「まだ、探し初めなので、色々な家を見ていきたいですねぇ」と言って
しまったのです。これから何が始まるかも知らずに。。。

2006年11月21日 (火)

中古マンションを見る(1)

2004年春

(前の話)

モデルルームを見て、友人宅を見て、暫くは何もしなかったうちの家族でしたが、
突然、中古マンションを見ることになりました。

それは、家を買おうと思っていた街に遊びに行ってたときでした。ぶらぶらと歩いて
いると、商店街の終わりのあたりでオープンルームの看板が出ていました。このと
き、オープンルームがあったのは、この街のランドマークとなっているタワーマン
ションです。場所もよく、駅から徒歩5分ほどのところにあり、近くにスーパーや商
業施設もたくさんあります。欠点としては、小学校、中学校が近くにないことぐら
いでしょうか。

さて、部屋を見に行こうと思うと、同じビルに入っている○○不動産まで来てくださ
いと書いてあります。とりあえず、その不動産会社に行ってみました。用件を伝え
ると、お客様カードに希望をお書きくださいということで、書類を書きました。その
間に、不動産会社の人が、部屋の人に連絡を取ってくれました。オープンルーム
とはいえ、家の人がちゃんと居てるということです。

連絡が取れたということで、不動産会社の人と一度外に出てから、別の入り口か
ら入り、エレベータを上がっていくことになりました。そこは、タワーマンションで
高層階にあたります。エレベーターを降りると別世界が広がっていました。
廊下から見える景色は普段歩いている街を見下ろす感じでした。部屋に入ると、
70平米弱の部屋は家具もあり、ちょっと狭さを感じました。確かに、荷物は綺麗
に片付けてあります。横長リビングのためか、リビングに色々と置いてあると、
ついつい狭く感じます。部屋からの景色は素晴らしかったのですけどね。天気の
いい日に海も見えるということでした。

次回は、部屋を見終わった後の話です。

2006年11月20日 (月)

11月20日

本日の定点観測です。相変わらず変わりませんねぇ。以前だと、多少の人は
右側にいてたのですが、最近ではほとんど人は居ませんね。

こっちは、8月23日の定点観測です。3階部分の鉄骨が徐々に見えてきてます
かね。時期的には、3階の躯体工事、内部仕上工事ということですね。しかし、
上の写真から3ヶ月、あっという間にできるものですねぇ。

こっちは今週の予定です。この予定を見ていると、ついにコンクリート打設がな
くなってます。これでコンクリートを使う工事は終了でしょうかね。残るは、外装、
仕上げ工事ということになりますね。

2006年11月19日 (日)

モデルルーム見学と病気

駅3分のところにできる新築マンションのモデルルームへ行って来ました。契約済み
マンションがあるので、ちょっと敵情(?)視察というところですwink

モデルルームは、マンションの立つ場所から西へ200m程行ったところにありまし
た。本来は予約制らしいのですが、突然飛び込んだうちの家族4人に対応してく
れました。子供たちは、キッズルームへ直行し、私たちは、パワーポイントを使っ
た話を聞くことになりました。利便性やお金の話をコンパクトにまとめたものでし
た。喋っていたおねえさんはいつも同じことをやってるのでしょうねぇ。

その後、担当になった人からもどういうマンションかという話を聞いて、希望する価
格と間取りでどういう部屋があるかを教えてもらいました。3LDKで70平米弱で、
4500万強。うーん、狭い割に高すぎますねぇ。あまり、価値はあまり下がらないと
いうことなので、住み替え前提に買うのはどうかという話でした。

子供たちの様子を気にしつつ、私たちはモデルルームを見に行くこととなりました。
最初に見せてもらったのは、マンションの模型でした。立つ場所は知っているので、
そこにどう建つのかを考えながら見てました。その後、周辺のジオラマを見せても
らい、ようやくモデルルームに到着しました。

モデルルームは広かったですねぇ。4LDK100平米ほどです。この部屋はとっくの昔
に売れてしまったそうですけどね。設備はかなり充実してます。ディスポーザ、食洗
器、ペアガラスよりも優れたエコガラス、魔法瓶浴槽にミストサウナと。付いてない
物は?と聞きたくなるぐらいです。構造もしっかりしており、劣化対策等級が3(住宅
性能表示制度の)であり、正直なところ文句のつけようがありません。

さて、商談ルームに戻った私たちは担当者と話をしながら、さてどうでしょうかとい
う話になっていきました。私からすると、値段が高いという話をすると、北東向きの
部屋を薦めてきましたが、妻の希望には沿っていないので、無理だろうなというと
ころでした。

最後に、ファイナンシャルプランナーの方がいるので、話を聞いてもらえば?という
ことで、話を聞いてもらいました。自分の年収でどの程度のマンションが買えるの
か、一生の収支はどんなものかということを調べてもらうために、色々と記入してい
きます。来週の日曜日にまた来る約束してしまいました。結果はそのときに教えて
もらえるとのことです。

ここまではよかったのですが、ご飯を食べて、家に帰ってきて、子供たちを寝かせる
て、おしまいといきたかったのですが、上の子が嘔吐を始めました。この時点で、12
時を過ぎていました。布団カバーを洗い、子供の服を脱がせ、吐けるだけ吐かせま
した。収まるかと思いきや、何度も吐きます。子供を抱えながら、吐くためのバケツ
を延々と待ってました。しかし、2時頃にはもう限界でした。その後も頑張ってくれ
た妻にはただただ感謝です。今日、なんとかましにはなってきましたが、日曜日
はほぼ、これで終わってしまいました。下が元気なことだけが助けです。

2006年11月18日 (土)

住宅ローン、どこにしよう?

今日、外に出かけようとしていると、電話が掛かってきました。契約済みマンション
の担当者の人からでした。そろそろ住宅ローンの申し込みをする時期ですよという
電話でした。

ということで、そろそろ真面目にローンを考えなきゃあなりませんshock変動金利を考
えながら、ローンを払う気はないので、基本的に全期間固定金利を使うつもりです。
フラット35を使ってもいいのですが、色々と制約もあるので、銀行ローンを使うのが
いいかなと思ってます。

そこで、住宅情報マンションズの後ろのほうに載っている金利を見ていると、よさげ
なのが新生銀行でした。金利は、3.25%(35年)、3.15%(30年)というところです。
後は、三菱東京UFJか、三井住友というところでしょうか。このあたりは、3.35%と
いう金利です。

新生銀行がいいなと思えるのは、保証料が0円のため、諸経費が約30万ほどで済
むことですね。三菱東京UFJだと、諸経費が約80万ほどになります。あとは、販売
会社に支払う諸費用が100万ほどですかね。家を買うためのお金だけじゃなく、150
万から200万ほどのお金が必要になるということですね。はあ、それにしても、35年
もローンを返していくのは気が重いですねぇdespair ガシガシ返して、自分の家になるよ
うに頑張っていきましょうhappy01

これ以外にも、こんなローンどうですか?っていうのがあったら、皆さん、教えてく
ださい。11月25日にヒッシーさんの無料相談に行くのが早いのですかねぇ?happy01

2006年11月17日 (金)

Napsterと図書館

高橋さんがNapsterについて書いていますがNapsterの辿ってきた道を考えたら、
思い出した図書館の話を書いてみたいと思います。

ここで言ってる図書館は街にある図書館ではなく、大学の図書館の話です。大学時
代を思い出してもらえば、大学になんであんなに大きな図書館があるのだろうと思っ
た人いませんか?あの中には何が入っているのでしょうか?もちろん、普通の本は
たくさんあります。でも、多いのは、学術雑誌と呼ばれる本です。その中身はという
と、論文と呼ばれる大学の先生達の研究結果が載っているのですね。ヨーロッパの
大学では、それこそニュートンやアインシュタインという歴史上の有名人の論文なん
ても保存してるところもあります。

時代は過ぎ、世はインターネットの時代となりました。大学というのは、新しいメ
ディアや物には敏感なところがあります。特にインターネットは、元々学術系の
ネットワークでした。と、大学の先生達は、このネットワークを使って、論文のやり
取りを始めました。そうすると、困るのは学術雑誌を出していた出版社です。さて、
どうしようと考えた彼らは、図書館に置いていた学術雑誌を徐々にインターネット
上に移し始めました。最初は本の形態とインターネット上にある電子化された論
文にアクセスする権利をセットで売り始めました。雑誌だけだった頃と必要なお
金は変わりません。1論文幾らで、買うこともできますが、通常は丸ごと幾らとい
う契約をすることになります。まあ、アクセスし放題になるってことですね。

同じことがNapsterでも起こっています。Napsterは、最初ファイル交換ソフトとし
て、始まりました。ファイル交換といっても、多くの人が始めたのは、電子化し
た音楽の交換でした。当然のごとく、著作権者は怒り、裁判が始まり、Napster
社は敗訴し、多額の賠償金を払うこととなりました。しかし、著作権管理を加え
て、Napsterは帰ってきました。しかも、洋楽150万曲聴き放題、定額というサー
ビスです。ダウンロードした音楽ファイルをCDにも何回かは焼くことができます。
携帯音楽プレイヤに転送することもできます。電子化された論文ってのも、印
刷したり、他のパソコンに転送したりすることもできます。

とすると、この先Napsterはどうなるのでしょう?学術雑誌では、印刷された物
がなくなる傾向があります。インターネット上からその都度ダウンロードして、
必要な論文を印刷することになってます。ということは、CDの数が減っていき、
必要な音楽ファイルをダウンロードし、それを自分でCDに焼いていくことになる
んでしょうか?

そこまで同じ道は歩まないだろうなぁと思っています。CDのパッケージに価値
を感じる人もいれば、歌詞カードに価値を感じる人もいるからですね。でも、ネッ
トで音楽ファイルを買うのが普通になってくると、段々とそっちに移行していくの
かな?と思う部分もあって、どうなるのか、これから先が楽しみです。

でもね、インターネット上のファイルだけを使っていると、人の顔を見たくなるの
ですよ。やはり、コンサートへ行きたくなるってことでしょうか。気になるのは、
中身が減っていくであろう図書館です。普通の街の図書館と変わらなくなって
しまうのでしょうか?学生時代にうろうろしたかび臭い図書館が懐かしいので
すけどねhappy01 あの大きな建物何かに利用できないものなんでしょうかねぇ?
と、建物の話題になったところで終わりたいと思います。

2006年11月16日 (木)

11月16日

いつもの定点観測です。残念ながら、ほとんど何も変わってませんdespair あれ、
そういえば真ん中にあったクレーンが消えてます。どこに行ったんでしょう

こちらは、8月9日の写真です。3階部分の足場が徐々にできていますね。この時期
内部でなにをやっていたかというと、2階部分の立上りコンクリート打設を行ってい
たということです。

マンションの工事現場近くの更地となっているところは、唯一残っていた石の基礎
部分もなくなってしまいました。本当になにができるのかなぁ それとも何も
できないsmile

2006年11月15日 (水)

友人宅(3)

2004年春

(前の話)

3件目の友人宅は、私鉄沿線のある駅から徒歩5分のところにあるマンション
です。友人宅は(確か)マンションの2階、3LDK、7-80平米ぐらい。夫婦二人で
住んでいるため、かなり広々としています。

いいなぁと思ったのは、2階なので、外からは直接は見えない。でも、部屋の真
下には、部屋がないため、子供が走り回っても、怒られるころはありませんhappy01

寝室の脇には、小さいながらも旦那さんのための書斎もあります。ここのうちも、
私のところと同じで、本好きな家庭です。なので、大量の本があるかと思いきや
あまりありませんでした。なんでと聞くと、どうしても買いたい本以外は買わない
ことにしてるとのことでした。とりあえず読んでみたいという本は、漫画喫茶
で読んでしまうとのことでした。なかなかいい方法だなぁと納得してしまいました。
うちでも実践してみたいけど、ついつい本屋でも、ブックオフでも本を買ってしまう
私でしたdespair

キッチンは、奥さんの希望で、LDKに面してはいるけど、シンクの辺りは見えな
いような作りになってます。当然のごとく、食洗機が付いていました。洗うのは
便利だけど、洗剤が高いsign01と言ってたのが印象的でした。

さて、友人のマンションを見せてもらったわけですが、マンションのよい点として、
元々の形はともかくオプションとしてある程度の変更は可能だというところです
ね。注文住宅ほど手がかかるわけでもなく、建売住宅よりは変更ができるって
いうところでしょうか。

悪いところは、契約から購入、入居までが長いということでしょうか。まあ、その
間に、オプションの工事ができるわけなんですけどね。後は、青田買いをしなけ
ればならないてことですかね。

ここまで、注文住宅、建売住宅、新築マンションと見てきて、どれも特徴はある
けど、どうしてもこれとは決めれないままな私でした。

次回は、中古マンションを見学する話です。

2006年11月14日 (火)

ただ今発掘中だけど。。。

この場所、うちの近くの発掘現場です。いやぁ、遺跡って、想像力をかきたてら
れますよね。発掘期間は、12月5日までなので、しばらく発掘しているところを
楽しめそうですsmile

しかも、この遺跡、縄文時代だけでなく、平安時代の遺跡でもあるってことです。
でも、平安時代の竪穴住居って、、、ひょっとすると、縄文時代から平安時代ま
で、ここでずーっと暮らしている一族が居たのでしょうか

問題なのは、ここがマンションが建つ予定の場所だということです。
しかも、2回目の発掘です。1度目は8月頃にやってました。終わったということ
で、工事が徐々に開始されました。しかし、工事が始まったら、また、遺跡が見
つかって、再度発掘が始まったということです。

こうなると、いつ工事が始まるのかわかりません。計画では、10月1日から工事
開始のはずだったのですがdespair 他人ごとじゃあないのは、私の契約したマンショ
ンのところにも、遺跡があったということです。どうやら、昔からこのあたりは人が
住んでいたところのようですhappy01

残念ながら、私の契約したマンションのほうは、発掘が終了し、マンションがで
きてしまいました。なので、ここだけ、残して欲しいというのは、無理でしょうけ
ど、遺跡として残らないかなぁ。。。。

2006年11月13日 (月)

11月13日と懸念の続き

さて、お馴染みの定点観測です。まったく前回と同じといいたいところですが、
真ん中上のほうに小さな(?)クレーンができてますね。左側の大きなクレーンでは
できない部分を補助してるのでしょうか?

前回の写真からほぼ1週間、8月2日の写真です。柱部分の鉄骨なのか、足場な
のかわかりませんが、3階部分の準備がされているというところでしょうか。この
頃は、このマンションのオプションの締め切りの時期でした。オプションといって
も、建築系のですね。ほとんど変更はしませんでした。というか、それほどお金
かけてまでするような部分なかったからですsmile

お次は、今週のスケジュールです。ついにというか、墨出し、足場の作業がなく
なりました。仕上げ工事が増えてきたようですね。

最後に、契約済みマンションの懸念で書いた解体工事の現状です。解体工事
自身は、完全に終わっていました。まっ平らな更地となっていましたね。さあ、
建物の工事が始まるのか、それとも駐車場にでもなるのか、これからが問題
です。まだ何も告知されてないのですよねぇ。。。despair

2006年11月12日 (日)

友人宅(2)

2004年春

(前の話)

二件目は、うちの上の子と同じぐらいの子供がいる家です。最近、一戸建てを
買ったというので、見せてもらうことになりました。

この一戸建ては、最寄り駅から歩いて20分程です。大きな国道を1本超えて、
たどり着いた先は一戸建てが並ぶ住宅地でした。近くには、大きな神社や植
物園もあり、自然の豊かな場所です。

間取りは、1階にLDKと和室、風呂場。2階に3部屋、寝室と、書斎、将来の子
供部屋ということでした。和室はLDKから続く間取りで、結構広々とした感じが
ありました。和室には子供用のおもちゃや荷物が多かったですね。和室は、
子供の特等席ということなので、当然といえば当然ですかねhappy01

2階の書斎は、奥さんの仕事場であるはずが、旦那さんが使っていることも多
いそうです。このお家、うちと同じで、本好きの一家です。書斎には、大きな本
棚がどっしりと構えていました。屋根裏収納もあり、2階には収納は多いので
すが、1階の収納は少し少なめでした。そのため、1階にはあちこちに収納家
具がありました。そのためか、場所によっては少し狭さを感じる部分もありまし
たね。

色々と手を入れて住んでいるこの一家が、そのあたりが自由にできなかったか
というと、この家が建売住宅だったからです。建売であるがゆえに、既に出来
上がった部分はともかくそれ以外の部分は手を付け難かったということですね。

この家を見せてもらって、建売住宅の良いところ、悪いところが少しわかった気
がしました。家に自分たちの生活があっていれば、問題がない。しかし、合わ
ない場合、どうするか。ちょっと大変ですね。特に家具の類は買えばいいのか
もしれませんが、その分狭くなったり、部屋に合うものが見つけるのが大変そ
うですね。

さて、次回は、新築マンションに住む友人の話です。

2006年11月11日 (土)

友人宅(1)

2004年春

(前の話)

この頃、私は、どんな家を買おうか、一戸建て?マンション?と悩んでいました。
そこで、最近家を買った友人の家にお邪魔して、どんな家を選んだのだろうか、
一戸建て、マンションのよい所、悪い所を見せてもらうとたくらんだのですsmile

さて、一軒目は、目黒区に住んでいるお友達の家でした。目黒駅から15分程歩
いたところにある一戸建てが友人宅でした。閑静な住宅街に建つ一戸建てです。

間取りは4LDK。1階は、LDKと旦那さんの部屋があります。庭に面したLDKは
広々として過ごし易い部屋になっていましたね。その一部に赤ちゃんが揺り篭
で寝ておりました。この子は当時3ヶ月ぐらい、うちの下の子とほぼ同い年です。

2階は、3部屋あり、寝室、奥さんの部屋、和室となっていました。あと、納戸も
ありましたね。使わないものは、ここに置いているとのことでした。和室はその
うち、子供部屋かなということでした。

一通り見せてもらって、気づいたのはやはり収納がしっかりしているなというと
ころでしょうか。友人は、DINKSの期間が長かったため、この家もその生活に合
わせて作ったようなものです。二人とも仕事を家ですることも多いために、それ
ぞれの仕事部屋もあります。仕事用の荷物もあるので、収納は多かったです
ね。しかし、子供ができたため、家をそれに合わせるのに少し苦労しているよ
うでした。

あとは、キッチン、お風呂が広いということでしょうか。この家は注文住宅という
ことで、ここを広くするとか、融通は利いたとのことでした。確かに、キッチンは
夫婦揃って立っても、十分動けます。風呂はちらっと見せてもらっただけでした
けど、1坪バスと言っていたので、180x180という広さなんでしょう。

見終わって、思ったことは、注文住宅だけに、建てる時の生活に合わせること
はできる。でも、家族構成が変わったりとか、生活のスタイルが変わると、それ
まで使いやすかった家が使い難くなる部分もあるのかなということでした。注文
住宅の良し悪しですねhappy01

2006年11月10日 (金)

チベットの携帯

私は、ときたま仕事の関係で、色々外国に行きます。家探しの始まったのもカナダ
でした
(まあ、このときは、住んでいたわけですが)。

2005年の夏にチベットに行ったときの写真がでてきたので、珍しそうな写真と一緒
にチベットでの携帯の話をしてみようかなと思います。

チベットには、ヤク(毛牛)と呼ばれる家畜がいてます。こいつがヤクです。悠々と草
を食べてのんびりしてました。しかし、このヤク、肉、ミルク、骨とすべてが生活に
使われるということでした。

さて、チベットの道中では、バスで移動していました。大所帯だったので、2台のバ
スにそれぞれガイドさんが居てました。驚いたことにこのガイドさん達は、携帯
電話
で連絡を取り合っていました。運転手さんも携帯電話持ってましたね。
かなりのスピードで運転しながら電話してたこともありましたshock

この写真の場所が行った中でもっとも標高の高い場所 5190mです。ここでも、携帯
電話が通じてたようです。携帯が通じるってことは、基地局があるってことで、その
ためだけではないですが、道沿いには延々と電線が張られていましたね。

ホテルのロビーで、一緒に行った日本人の人が携帯電話でおしゃべりしてたのは、
ご愛嬌としか言えないのですけどねhappy01 また、機会があったら、チベットの家とか
タペストリの話をしてみたいと思います。

2006年11月 9日 (木)

11月9日

毎度のマンション定点観測、11月9日版です。えーっと、困ったことに、概観から
は、まったく進捗がわかりませんdespair 工程表だと、躯体工事は最上階まで終わっ
ているはずなのですが。。。

こっちは、その3ヶ月半前、7月27日の写真です。2階部分の覆いができていま
すね。ボツボツ2階の躯体工事が始まる時期ですね。


前に書いた新築マンション近くの解体が続いてる家の続報です。家の解体は、
ほぼ終わっていました。でも、何を作るとか、何ができるって掲示はなかったで
すねぇ。。。どうなることやら。。。despair

2006年11月 8日 (水)

初めてのモデルルーム(3)

2003年冬

(前の話)

モデルルームから家に帰り、家族会議といきたいところですが、当日は何も
できませんでした。さすがに疲れすぎたのですね。

後日、妻と話をした結果、買わないことになりました。理由はというと、こんな
ところでしょうか。
・すぐ前を大きな道路が通っている。生活のためにはこの道路何度も渡る必要
 があります。
・マンションには不満はないけど、もうちょっと色々なマンションや家を見てみた
 い。もうちょっと家探しを楽しみたいということですかね。
・売主がちょっと信用できない。前回のエントリーでも書きましたが、売主と事業
 主を混同させるような販売をしようとしている。

一番の理由としては、私がこういう販売方法をする会社とは、
契約できない
と思ってしまったということでしょうか。妻も、積極的に賛成
でも、積極的に反対でもないということでした。まだ、あまり家を買うという実感
がなかったのかもしれません。

この会社からは電話やDMが来ましたが、特に何をするでもなく、初めてのモデル
ルーム体験は終わってしまったのです。

2006年11月 7日 (火)

契約済みマンションの懸念

マンションの定点観測のために、週2回写真を撮りにいくのですが、そのときにちょ
っと気になることが起こっているので、その出来事を書いておきます。

マンション周辺の配置図を作ってみました。

上のほうが南東です。いつも写真を撮っているのが、左上にある駐車場から写真を
撮っています。この上側にある道路は生活道路で、2mほどしか道幅がありません。
右側の道路は、少し広く幅は4mほどです。

さて、このマンションを契約する前に、販売員の人とこういう会話をしました。
私「このマンションを買うことを考えると、やはり南側の駐車場と生産緑地が気にな
  りますね。」
販「そこがどうなるかは、私たちにはわかりませんねぇ」
私「じゃあ、もしこの2つの土地が売りに出たら、買いますか?マンションを建て
  ますか?」
販「この土地は、買いませんね。なぜかというと、道路付けがよくないからです。
  ここにマンションを建てようとすると、工事車両がここまで入れません。
  なので、買いません

これを聞いて、大丈夫かなと考えて、購入を決意する一つの要因となりました。

さて、ここからがちょっと懸案の部分です。ここ2週間ほどの間、写真を撮りにいく
と、配置図で黒く塗ったところの家が解体されています。隣に家はあるので、すぐ
に何か起こるとは思いませんが、解体された家が空き地、もしくは駐車場として、
残っていると、そのうち隣の家も解体されると、4m道路から繋がる南東向きの土
地ができる可能性があります。そうなると、それなりの大きさのマンションが建て
れそうです。もしそうなった日には。。。。despair

杞憂に終わることを望みます。まあ、そこの部分にマンションができても、問題はな
いように、マンション内でも上のほうを契約してはいるのですけどねhappy01

2006年11月 6日 (月)

11月6日

さて、今日のマンション定点観測です。今日の画像は正直、前回と変わってません。
進んでいないわけではないのでしょうが、ちょっと面白くはないですねぇshock
工程表をみると、そろそろ最上階の工事をしているはずなのですが、ちょっとわから
ないですね。

こっちは、7月18日の画像です。前の画像と1階部分の覆いは同じですが、2階部分
のための鉄棒のようなものが見えていますね。時期としては1階の躯体工事中です。

最後の写真は、今週の予定です。先週とあまり変わりませんね。そういえば、高層
階のコンクリートってどうやって、打設するのでしょう?コンクリートって、基本的
に下に落ちるのですよね。詳しい人がいましたら、教えてください。

2006年11月 5日 (日)

七五三

昨日は、ちょっと遅くなってしまったので、書き損ねてしまいましたが、上の子
の七五三に行ってきました。その顛末をちょっと書こうと思います。

この日に決めたのは近所の神社がこの日だけ七五三を受け付けていたから
です。七五三の衣装を着せたまま遠くの神社へ行くのも大変だし、ちょっと怖
くもあります。汚したり、破った日には。。。shock

前もって、予約しておいた貸し衣装を、近くの美容室で着付けてもらって、神
社へという段取りです。とりあえず、私は上の子を連れて、美容室へと向かい
ました。子供もウキウキです。

15分ほど歩いて、美容室へ到着。まだ、前の人が着付けをしているということ
で、しばらく待つことになりました。美容室のおじさんが、近所のおばちゃんの
調髪をしています。こっちとも話をしながら、「最近はあまり七五三も見ないよ
ねぇ」、「なんでも衣装借りて写真とって終わりらしいよ」という感じの雑談が続
きます。こういう話ができる街っていうのはいいなぁと感じます。

そうこうしていると、上の階から綺麗に着飾ったお母さんが降りてきます。前の
予約者は、お母さんと娘さんということでした。さて、次はうちの番です。上の階
へ上がって、服を脱がせると、着付けの始まりです。足袋履いて、長襦袢着て、
上を着て、袴履いて、羽織を着ます。途中で帯を締め、短刀を挿し、扇子も付け
ます。長いようだけど、ここまでやっても、20分ほどでおしまいです。下の階に
下りてくると、おじさんとおばちゃんがほめてくれるので、うちの子はちょっとうれ
しくなっておりました。

ようやく神社へと向かいます。神社に着くと、嫁さんと下の子も到着してました。
下の子は、お兄ちゃんの幼稚園の制服着て、正装です。神社に、初穂料を収め、
子供の名前を書いて、祝詞をあげてもらいました。ちょっとびっくりしたのは、神
主さんが女性だったこと。今まで、女性の神主さんって、会ったことがなく、東京
ではこういうこともあるものなのでしょうか?という所で、ちょっと小さいですが、
神社でとった子供たちの写真です。


その後、妻の実家へと向かいました。ついてびっくり、ずっと行っていた工事が終
わり綺麗な駅ビルができていました。託児施設や本屋もできていて、少しは若い
人向けの街になったということでしょうか。街選びをちょっと早まったかとも思いま
したが、この街の家はどう逆立ちしても買えないので、仕方ありませんdespair
と、家の話になったことで、終わりにさせていただきますhappy01

2006年11月 4日 (土)

初めてのモデルルーム(2)

2003年冬

(前の話)

モデルルームへやって来てた私たち家族。予約なんて気の利いたものは入れ
ていませんdespair でも、快く迎え入れてくれました。

さて、入ると、まずは、アンケートを書きました。さすがに全部書くのはちょっと
ためらわれたので、一部は空欄で出しました。やっと、モデルルームが見れる
かと思いきや、マンションの説明が始まりました。マンションの詳細はあまり覚
えていないのですが、しきりに関西では有名な売主であることを強調してまし
た。しかし、よくよく聞いてみると、売主はマンション業者としては、多数のマン
ションを売っているわけではない。有名なのは、事業主(企画・プロデュース?)を
している不動産会社ということでした。この不動産会社どうなんだろうかと、この
時点で考えてしまいました。また、関東ではあまり有名でないので、ランドマー
クというして作ってるとも言っていましたね。後、何年間かは、管理会社主催で、
夏祭りやハロウィンパーティをやると言っていたのを覚えています。これはマン
ションのコミュニティを作るのはいい方法だなと思いました。

これぐらい話を聞いて、やっとモデルルームへと入っていきました。モデルルー
ムは3LDK(80平米)ぐらいだったでしょうか。モデルルーム初体験の私たちは舞
い上がっていたような気がします。正直、なにがどうだったのかほとんど覚えて
いませんdespair 部屋自身はいいなぁというのは覚えてます。

その後は、再び最初の場所に戻り、お金の話になりました。初めて、資金計算
してもらいました。頭金××万円、借り入れ○○万円、35年で返すと。。。。
まあ、定年まで働いて、返すことになります。大きな借金です。とりあえず資金
計画書をもらって帰りました(今から考えると、あのころは金利低かったですよ
ねぇ)。モデルルームを出ると、外はもう暗くなっていました。うちの家族はみん
な疲れていました。私と妻はモデルルーム疲れ、子供は遊び疲れでしたhappy01

(次回へ続く)

2006年11月 3日 (金)

初めてのモデルルーム(1)

2003年冬

(前の話)

さて、時はしばし流れ、2003年冬。私は、カナダから日本へ帰ってきました。日本
に降り立ったのは、年末も近い頃でした。その後、何回かの忘年会、転職のための
最終的な面接となんとか終わらせ、年末へ突入していったのです。

そんな中、私の頭にあったのは、例のISIZE住宅情報で見つけた新築マンションでし
た。そのモデルルームに行きたいとは思いつつ、年末から新年へと時間はただ過ぎ
て行ったのです。

なんとか、時間ができ、やっとモデルルームへ行くことができたのは、年明けの成人
式の頃でした。その頃、上の子は元気一杯でしたが、妻は妊娠七ヶ月。お腹も段々
と大きくなってきた時期でした。

電車に乗ること30分、駅から歩いて10分ほどの所にモデルルームはありました。
でも、私たちが向かったのは、建築中のマンションでした。まずは、駅から何分ぐら
いか、そこへ行くまでの道はどういう感じかを見ながら歩いたのでした。

マンションの場所は、この街へ遊びにくるだけでは、なかなか来ない地域です。駅
からは、遠くはないのですが、繁華街を抜けた先にあるという感じです。繁華街自
身はよく遊びにくる場所なので大体の感じはわかっていましたが、夜どうなるかは
別問題です。ここを買う気になったら、また見に来る必要あるかなと思いました。

さて、私たちは、取って返し、モデルルームへ行くことになったのです。
(次回へ続く)

2006年11月 2日 (木)

11月2日

さて、今日のマンションです。前回の写真と比べると、左端の7階部分の工事が
徐々に進んでいるようです。もう一方から見ると、7階というプレートが見えます。
その上にもう一階分ぐらいの足場ができてます。

こっちは、7月11日の現場です。ちょっと見難いですが、1階部分の覆いができて
きてます。先は長いですねhappy01

2006年11月 1日 (水)

今頃行ってきました、IKEA

ちょっと仕事が一段落し、ちょうど子供の幼稚園がお休みということで、お休
みをとって、IKEA港北行ってきました。家のことを済ませ、やっと新横浜にた
どり着いたのが、11時半ぐらい。さすがに、平日ということで、バスを待つ人
は少なめであった。10分ほど待つと、IKEAと黄色い文字で書かれた青いバスが
やってきました。新横浜からIKEAまでは、大体10分ほど。座る場所がなく子供
と一緒に立ってたのですが、運転がちょっと乱暴でございましたangry もうちょっ
とうまく止まってくれないかなぁ?

ようやく到着したIKEAがこれです。

さあ、中に入ると、子供用の遊び場がある。が、平日だというのに、2時間待
ちとのこと。ちょっと中を見て、それから食事して、子供を遊ばせようという
ことで、中に入る。いやぁ、いろいろありますね。この写真は、私の理想のよ
うな本棚です。思ってたよりも安くあがりそうで、ありがたいですね。問題は
私が組み立てられるかどうかです(^^;;;

こっちは、子供の部屋にどうかなぁって思った収納です。子供部屋には二段
ベッドもおきたいので、あまり大きな収納は入らないのです。

収納系の家具を見ていると、子供のお腹減った攻撃が始まりました。というこ
とで、レストラン&カフェへ行くことに。注文は、もちろんミートボールです。
子供たちには、キッズセット、私と妻はカレーライスです。カレーは平日だと
550円のが395円と安くなってます。食べるのに夢中になってしまって、写真
は忘れてしまいましたdespair

その後、子供用の遊び場に行くと、2時間待ちは変わらないとのこと。そこで、
予約を入れて、再度家具を見始めました。そうして、家具の2階を一周して、ス
タート地点に戻って来たころにやっと、子供が遊び場に入れる時間となったの
です。子供を送り出したあとは、やっと雑貨の1階を見ることになりました。
雑貨もいろいろと面白いものもあったのですが、結構疲れていた私たちは、ず
っと見て、倉庫へ(笑) どこまでものがあるのだろう?って感じでした。一つ
の家具を買うには、部品をかき集める必要があるようです。やはり、ここもハ
ードルは高いかも。。。レジを通り、買ったものは、RATIONELLという引き出
しの中のものが滑らなくする敷物だけでしたhappy01子供を迎えにいって、外に
でると、こんなぐあいでした。お疲れ様の一日になってしまいました。


最後に感想を書いておきます。
・ 広すぎて、なにがなにやら。。。
・ 子供の遊び場はあるけど、人が多すぎるので、順番がなかなか回ってこな
 い。店内でも、遊べる場所もあるのだけど、雑貨のあたりでは目を離せない。
・ 車で来る人が中心かもしれないが、バスは丁寧な運転を。
・ 人が多すぎる。もうちょっとすると、人は減るのだろうか?来年の4,5月頃
 には、少し人が減ってくれればなぁ(その頃、家具を買う予定なだけです)

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ