« アパの耐震偽造疑惑 | トップページ | 調布駅前 »

2007年2月 6日 (火)

IT戦士の家探し

IT戦士と言われる岡田有花さんが家探しをしていたとのことです。その中で、次の
ような件がありました。

 不動産仲介業の商売は、顧客が持っていない情報を持っているからこそ成り
立っている。間取りや駅からの距離、周辺の利便性、その家が空室かどうか、
相場と比べて高いのか安いのか、近いうちに埋まってしまいそうかどうか、大
家さんの連絡先——これらの情報が、仲介業者の利益の源泉だろう。

 こういった情報がすべてネット上でオープンになっていれば、ユーザーは不
動産仲介業者を訪ねることなく、直接物件を探せるのではないだろうか。例え
ば物件情報にトラックバックでき、実際に住んだことがある人が詳細な間取り
や住み心地、騒音の程度を書き込めたり、内見に行った人が日当たりや周囲の
様子を書き込んだりできれば、急な物件探しでも失敗するリスクを軽減できる
だろう。また、中小の大家さんでも参加できるような賃貸住宅のマーケットプ
レイスがネット上にあり、大家さんと借り主が直接連絡が取れれば、仲介業者
を頼る必要がなくなり、お互いのコストカットにつながるだろう。


言ってることは理解できますし、気持ちもわかります。でも、賃貸物件の口コ
ミサイトUNITEDROOMS SEARCHを知らないのはIT戦士としては今一かとwink

UNITEDROOMS SEARCHは以前、山たっくんさんが取り上げていたWebサービ
スですよね。私もちょっと使ってみましたが、面白いですよね。まだ東京都の
分しかないようですが、そのうち首都圏、関西圏と広がって行くのが楽しみで
す。これまで自分が東京で住んだ賃貸を探してみましたが、まだ無いようですsmile

でも、ふと思ったのは、UNITEDROOMS SEARCHが発展していき、大家さんと借主
が直接契約することはあるのでしょうか?そうなったら、現在の仲介業っての
は無くなっていくのでしょうか?

それにしても、ITmediaの岡田さんが書いた部屋探しがWeb2.0に対応すればいい
のに
という記事のすぐ下に、「口コミ」ビジネスが進化中 賃貸住宅の物件・ご近所
情報も
という記事があり、UNITEDROOMS SEARCHの紹介があるのはご愛嬌とい
うところでしょうかねぇhappy01


« アパの耐震偽造疑惑 | トップページ | 調布駅前 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39466975

この記事へのトラックバック一覧です: IT戦士の家探し:

» 仲介業の存在価値は決して無くならない。 [馬鹿が馬鹿なりに考える]
ITmedia News:「口コミ」ビジネスが進化中 賃貸住宅の物件・ご近所情報も 思い切り時期をはずしたけれど仕事上食いつかない手は無いので 今更ながらのってみる。 謎院さんがhttp://www.itmedia.co.jp/news/articles/0702/05/news067.html:上記の記事]について感想を書いて [続きを読む]

« アパの耐震偽造疑惑 | トップページ | 調布駅前 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ