« 残代金の送金 | トップページ | 災害時の情報収集 »

2007年3月24日 (土)

イカナゴのくぎ煮


実家から春の風物詩イカナゴのくぎ煮が送られてきました。母の手作りですhappy01
子供達も大好きで、ご飯にのせてどんどん食べていきます。上のは既に手が付
けられてます。これを入れてチャーハンを作ると、途中で多少味付けに失敗し
ても、美味しく仕上がります。

さて、一緒に送られてきた母の手紙に、今年はイカナゴが不漁で並んで買った
とのことでした。ちょっと気になって、調べてみるとこんな記事が出てきました。

イカナゴ不漁で価格高騰 暖冬影響か、水揚げ昨季の半分


春の味覚、イカナゴが不漁だ。大阪湾から播磨灘にかけて2月末に漁が解禁さ
れたが、水揚げは昨季の半分ほど。暖冬で冬の季節風が弱く、稚魚が広がらな
かったらしい。甘辛く煮込んだ「くぎ煮」の材料にイカナゴを買い求める客が
長い列を作っているが、価格は昨年より2割以上高い。主婦らから「春の楽し
みも半分になりそう」との嘆きが聞こえる。
(以下略)


家族みんな好きだからずーっと食べたいのですけどねぇ。獲れなくなってくる
と、段々と庶民の味ではなくなっていくのでしょうかsad 美味しい穴子はなか
なか食べることはできないので、くぎ煮はなくなって欲しくない故郷の味です。

« 残代金の送金 | トップページ | 災害時の情報収集 »

故郷の話」カテゴリの記事

コメント

わたしも父の実家が小さい頃から東灘区でよく食べました!最近は神戸のお友達からこの季節になると送って頂いています。ほんっとう〜においしい!そして季節を感じる貴重な食べ物だとおもいます。でも、食べすぎ塩分過多注意です(笑)。

確かに、これがあると塩分だけじゃなく、ご飯も食べすぎになってしまってより大変なことになってしまうかもしれません。体重計に乗れないshockでも、これを酒の肴に、特に日本酒に合います。毎年の花見の定番メニューの一つです。もって行くと皆によろこばれますsmile

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467025

この記事へのトラックバック一覧です: イカナゴのくぎ煮:

« 残代金の送金 | トップページ | 災害時の情報収集 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ