« 仕事の日 | トップページ | 観光の一日(2) »

2007年4月16日 (月)

観光の一日(1)

さて、今日の最初の大仕事は、ホテルを移ることでした。ここまではまっとう
なホテルに泊まっていたのですが、あとの3日は小さなペンションに泊まりま
す。まずは、荷物を移すということで、朝一で起きると、カートにすべてを詰
めて、街を降りていきます。

Taksim Squareというのは、丘の上にあり、ペンションは金角湾を越えた向こう
側Sultanahmetの近くにあるのです。まず目指すは、海の側にあるtram(路面電
車)です。坂をどんどん降りていくのですが、坂が急な上、所々に階段や段差が
あるため、下るだけの作業は結構ハードです。カートが引っかかり、あるいは
カートが先に下りてしまい、どこまで坂が続くのだろうと思っていると、つい
に海が見えてきました。

海沿いにある小さな箱のような詰め所で、チケットを売っています。チケット
と言っても小さなコインなので、最初私は何が渡されたのか判りませんでし
た。このコインを改札で入れ、tramを待つのです。やってきたtramは結構人が
乗っていました。ドアの所に立ち、しばしtramに揺られます。そのうちにtram
は Garada bridge(ガダラ橋)を通りました。なぜだか釣りをするおじさんが沢
山いてました。

20分ほどすると、降りる駅に到着しました。駅に到着するとカートを持って、
歩くことに。そのあたりは道の両側には店もなく、ただ道が続いていました。
少し歩くとtramの走っている道とは別の坂道がありました。坂道を上がってい
くと、なんだか通り過ぎてしまったのか目的のペンションがありません。戻っ
てみると、それらしき小さなドアがあります。ブザーを押すと、ドアが開きま
した。そこには階段があり、私は階段を昇っていったのです。

階段は急であり、荷物を持って上がった私を待っていたのは、おじいさんでし
た。おじいさんは、鍵を渡してくれました。そして、落ち着いたら上に来てく
れと言い残して上の階に消えていきました。私は荷物を置き、ちょっと休憩を
してから、上階へと上がって行ったのでした。

上では、おじいさんがテレビを見ていました。私が部屋に入っていくと、おじ
いさんはチャイを入れてくれました。その上で、宿帳を自分で書きました。名
前、パスポートNo、住所等を書くと記帳もおしまいです。

そして、観光へ出発しました。午前中は近くのブルーモスクやグランバザール
を見て歩きました。ブルーモスクは、世界で2番目に大きなモスクなんだよとガ
イドさん(?)が説明してました。ちなみにもっとも大きなモスクはメッカのもの
だそうです。その後、グランバザールの中をウロウロしながら、色々なものを
見ながら歩きました。貴金属あり、布あり、絨毯あり、服あり、カフェありと
なんでもありような市場でした。
(長いので次に続きます)

« 仕事の日 | トップページ | 観光の一日(2) »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467048

この記事へのトラックバック一覧です: 観光の一日(1):

« 仕事の日 | トップページ | 観光の一日(2) »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ