« 観光の一日(1) | トップページ | 再度、仕事へ »

2007年4月16日 (月)

観光の一日(2)

もう、お昼の時間になっていたので、食事にしました。この日の昼食は、ロカ
ンタ(大衆食堂)へ入りました。ただし観光客の多いあたりで食べたので、街の
味というわけではなかったようです。私が食べたのは、ハンバーグの中に刻ん
だトマトが入っており、その上にマッシュポテトを乗せて焼いたものでした。
ちょっと辛めでしたが、美味しかったですね。問題は一緒に頼んだピリ辛のサ
ラダでした。パンと一緒に食べればいいのでしょうけど、あまりパンばかり食
べていると、お腹が大変なことになります。そこで、そのまま食べると、あと
から辛いのがやってきます。ヒーヒー言いながら、なんとか食べました。つい
沢山水を飲んでしまいましたけどね。

お腹いっぱいになったら、次はTopkapi Palaceを見に行くことにしました。
10YTL払い、宮殿に入っていきました。色々と見るものはあったのですが、もう
宝石はいいやという状態になってしまいました。特に、サファイヤは見飽きて
しまいました。あのあたりには、大きな鉱山でもあるのでしょうか。それと
も、トルコ帝国の覇権とでも言えばいいのですかね。そういえば、最後にみた
武器、鎧の中に日本の鎧と刀が展示されていました。明治時代に作られたもの
で、どちらかというと観賞用のもののようでしたね。

今度はガダラ橋のあたりへ行くことにしました。この近辺には、列車の駅があ
ります。それもオリエント急行が来ていた駅です。今でも走っていたのかと
思っていたのですが、どうやら今ではプラハまでしか走っていないようでし
た。駅もある方向から見ると、年代物の趣のある建物なのですが、もう一方か
ら見ると、なんだか何処にでもあるような駅です。Istabulと書かれた看板が妙
に安っぽく見えてしまいました。

ガダラ橋の近くから、アジア側の写真を撮ったのですが、どうもうまく撮れま
せんでしたね。ここからアジア側に渡る連絡船が沢山でているのですが、もう
乗らずにホテルの方へ戻ることにしました。ただし、別の道を通って。。。

来たときとは違う道を歩き出したのはいいのですが、どうも感覚がつかめませ
ん。真っ直ぐ上がっていくと、グランバザールのあたりに出るはずがどうも違
う道を歩いている気がします。途中で何回か来た道を戻り、なんとかバザール
のあたりに到着しました。

ここですることは2つです。子供のお土産を買うこと、明日の朝ごはんになるも
のを探すことです。どちらも大体の目安はつけておいたので、さほど時間は変
わらないかなと思って歩いていました。子供のお土産はトプカプ宮殿のあたり
で見かけたトルコのコマです。どこの売っているかなと思ってみていると、お
じいさんが売っていました。幾らと聞くと、1個5YTLと言います。2個欲しいと
いうと、おじいさんは2個で10YTLだというので、ほっておくと、おまけだと
いって、3個10YTL、4個、5個まで来ました。あまり沢山あっても困るので、2個
だけというと、5YTLというので、4YTLだけ渡そうとすると、もう1YTLというの
で、バイバイとすると、もういいやということで、2個4YTLで購入しました。
実は、宮殿の庭で、1個1YTLで売ってるのは知ってたのですけどね(笑)

朝御飯のほうは、スーパーで買うつもりだったので、スーパーを目指しまし
た。そこで買ったものは、Ekmekと呼ばれているパン(世界で一番美味しいらし
い)、オレンジジュース、ミネラルウォーター、そして土産用のお菓子です。全
部で、10YTLぐらいでした。Emeki、ミネラルウォーターは安いですね。逆に高
いのはお菓子でした。Taxも8%と18%と大きく違います。

その後、ペンションに戻ったのですが、まだ時間が早かったため、再度ブルー
モスクを見に行くことにしました。夕方から夜にかけての時間なので、モスク
は夕闇にライトアップされて、移っておりました。写真も撮ったのですがとて
もじゃないけど、表現できない景色でした。

少しお腹が減ってきたため、帰りに夕食をとることにしました。とはいえ
ちょっと遅くなってきたので、あまり手ごろな店がありません。そこで、私が
選んだのは、MacDonaldでした。多分、トルコにしかないであろう MaXBurgerを
注文しました。部屋に持ち帰って、食べたのですが大きかったですねぇ。しか
もちょっとスパイシーです。少し食べにくいものではありましたが。。。

さて、そろそろ風呂に入って寝ようと思って、蛇口を開くと、水です。いつま
でたっても水です。仕方ないので、ペンションのおじいさんにお湯がでないの
ですがと言うと、慌てて、下へ降りていきました。どたばたと上に上がって
行ったかと思うと、部屋にお湯がでるようになりました。これで一安心です。
ゆっくりと風呂に入って、明日に備えるのでした。

« 観光の一日(1) | トップページ | 再度、仕事へ »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467049

この記事へのトラックバック一覧です: 観光の一日(2):

« 観光の一日(1) | トップページ | 再度、仕事へ »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ