« 引越しの挨拶 | トップページ | 耐震強度不足マンション@名古屋 »

2007年4月25日 (水)

耐震強度不足マンション@静岡

toshiさんが既に書かれていますが、静岡県静岡市でも耐震強度不足のマンション
が発見されました。

ニュース記事としては、次の記事が詳しいかなと思います。

提出書類は計算途中/強度不足

静岡市駿河区石田の10階建て分譲マンションが耐震強度不足だった問題で、
分譲したザ・トーカイの鴇田(とき・た)勝彦社長は24日、記者会見を開き
「マンションにお住まいの方、所有者の方に多大なご迷惑をかけ、おわび申し
上げます」と陳謝した。一方、同じく記者会見した市は、構造設計を担当した
月岡彰構造研究所(静岡市駿河区)が計算途中の構造計算書を提出、市は欠け
ていた最終ページを求めただけで、建築確認を出していたことを明らかにし
た。建築士からは市の確認のずさんさを指摘する声が出ている。
(以下略)


ところで、気になるのは、次の部分です。
同研究所の月岡彰建築士は今回の件を「故意にやったものではない」と話して
いるといい、市では「設計上の誤りで発生した」と判断、意図的な偽装ではな
いとしたという。


結局、故意でないと宣言すれば、偽装とはみなされないのでしょうか?
市の言う「誤りで発生」というのは、偽装とは違うのですかねぇ?私の頭では
理解できません。

« 引越しの挨拶 | トップページ | 耐震強度不足マンション@名古屋 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467058

この記事へのトラックバック一覧です: 耐震強度不足マンション@静岡:

» 月岡彰構造研究所、最終頁なしで構造計算書提出 [東急不動産東急リバブル不買宣言]
月岡彰建築士(有限会社月岡彰構造研究所)が最終ページが欠けた状態で構造計算書を提出したことに対し、東大大学院の久保哲夫教授(建築学)は市側の説明について、「通常、最後のページが欠けた状態で提出することはあり得ない。構造設計士としての責任を果たしていない」と話す [続きを読む]

« 引越しの挨拶 | トップページ | 耐震強度不足マンション@名古屋 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ