« 父の日 | トップページ | 引越し祝 »

2007年6月18日 (月)

パソコン昔話

今日は、パソコンの昔話でもしてみたいと思います。

初めて、パソコンというものに触ったのは、今を去ること25年ほど前でした。
その頃のパソコンは非常に高価であり、とてもじゃあないけど、うちで買って
もらえるようなものじゃあありませんでした。時々、友人宅でPC-6001(パピコ
ン)か、PC-8001を遊んでいたぐらいでした。

そんな頃、ASCIIとマイクロソフトが出たのがMSX規格でした。このMSX規格は、
あくまでも規格だけで、電機メーカーが本体をそれぞれ作っていました。覚え
ているだけで、松下、シャープ、日立、サンヨー、富士通、三菱、日本ビクター、
東芝、キヤノン、パイオニア、ヤマハ、ソニーなどなど、日本のほとんどの電
機メーカーが作っておりました。

この規格の良かったところは、値段が安かったことです。当時の小学生がお年
玉やお小遣いを貯めれば、なんとか買えるぐらいでした。私も頑張って、お金
を貯めて、日立のMSXパソコンを買ったのでした。

それから、ベーシックマガジン(ベーマガ)やMSXマガジンを買っては、プログラ
ムを打ち込み、遊んで、テープに保存する日々が続いたのです。これが始めて
のプログラミングでした。現在のパソコンのようにブラックボックスではなく、
その頃のパソコンはとても身近なものでした。

なんだか長くなりそうなので、またそのうちにでも。。。

« 父の日 | トップページ | 引越し祝 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467113

この記事へのトラックバック一覧です: パソコン昔話:

» パーテーションを分けると [パーテーション 初心者まとめサイト]
ハードデスクの記憶領域は全容量を1つのドライブとして使用する事はもちろんですが、複数のドライブに分割して使用する事もできます。
この分割した各領域の事を「パーテーション」と呼びます。
では、何故わざわざ1つの領域を複数に分割するのでしょう?以下に分割する理由を記載いたします。
[続きを読む]

« 父の日 | トップページ | 引越し祝 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ