« プラチナカード | トップページ | 「頭のよい子が育つ家」体験記 »

2007年7月22日 (日)

数字に気をつける

asahi.comで見かけたなんじゃこれはというニュースです。

「大学合格73人」実は優秀な1人が受験 大阪の私立高

私立大阪学芸高校(大阪市住吉区、近藤永(えい)校長)が大学入試で、優秀
な生徒の受験料を負担し、志望校とは関係なく多数の有名私大を受けさせ、合
格実績を「水増し」していたことがわかった。大学入試センター試験の結果だ
けで合否を判定する私大の入試を利用。06年度入試を受けた生徒は、1人で
「関関同立」と呼ばれる4私大の73学部・学科に合格していた。同校は、合
格実績を上げた生徒に対し5万円の「激励金」も払っていた。
(以下略)


さらに、この高校の4私大の合格者実数は33人、延べ合格者数は143人って
ことなので、半分以上はこの一人の生徒が稼いだことになります。それにしても、
・入試に必要なお金は高校が負担
・4私大に合格した生徒には報奨金5万、この生徒には数万相当の時計
ってのはなんじゃろうと思ってしまいます。

足立区で起きた学力試験での不正も根っこは同じだと思いますが、有名な学校
への入学者数だけで、学校の評価が決まる。正確にいうと、入学者数だけで、
学校の評価をしようとする行政の問題ではないかと思います。

まあ、どこぞの医学部で医師試験合格者ほぼ100%(受かりそうにない学生は受験
させない。というか卒業させない)とか、某資格をとるための専門学校での合格
率××%(まっとうに点数を取れそうな人だけを母数とする)などのことが横行し
てますから、同じといえば同じなのかもしれませんが。。。

くれぐれも、数字だけみて、これだぁと決めないようにってことですかね。数字
は一見わかりやすいですが、それがどういう数字なのか、ちゃんと裏側を読みま
しょうhappy01

« プラチナカード | トップページ | 「頭のよい子が育つ家」体験記 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467162

この記事へのトラックバック一覧です: 数字に気をつける:

« プラチナカード | トップページ | 「頭のよい子が育つ家」体験記 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ