« それとも、ホームシアター? | トップページ | サッシのお掃除 »

2007年7月16日 (月)

帯一本、諍いの元

ひろこさんちでは、帯はイライラの元だそうですが、うちでは諍いの元になって
ます。

というのは、私も嫁さんも基本的に本のコレクターです。どんな本でも集めると
言うわけではありませんが、気に入った作家の本は一冊残らず集めようとします。
私の持っている漫画だと、「あろひろし」とか、「きくち正太」とか、「寺島礼子」
がこれにあたります。嫁さんはというと、漫画だけではなく、漫画家のイラスト集
なんかも買ってます。

まあ、そうすると、あんな壁本棚になってしまうわけですが。。。本は、新刊として
買うもの、中古として買うものなど分けていたりします。ときには、あるブック
オフに欲しい本の中古が高い金額で出ていると、暫くまってみます。100円にな
ってれば買い、既に売れてしまっていると泣き、値段が変わらないともう少し待
ちます。

新刊で買った本は、大体が書店のカバーを付けてもらいます。さすがに電車の中で
読む際に、どういう漫画かがカバーからわかるのはちょっと嫌なので。そうすると、
家には書店のカバーとが増えます。家に帰って、本棚にしまうとき、私はカバー
を外しゴミ箱へ、帯は折りたたみ本に挟んでおきます。

ところが嫁さんは違ったのです。本棚に入れるとき、カバーも帯もそのま
です。あるイラスト集なんかは、カバーがないので、書店の袋のまま取り置か
れてます。なので、あるとき、整理をするため、私がカバーを外し、帯を本に挟ん
で、本棚に入れていこうとすると、烈火の如く怒られましたshock まあ、それ以来、
妻の本には手を出さないことにしてます。

そうそう、以前はカバーも諍いの種でした。私がカバーを捨てようとすると、嫁さん
が止めるのです。何かに使うから、本棚の隅に入れておけと。まあ、これは何年も
貯めておいても、一切使うことが無かったので、あるときから捨てることとなりま
した。ちょっとだけ勝ったのwinkかな?

« それとも、ホームシアター? | トップページ | サッシのお掃除 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

カバーがそのままだと、本棚にしまったときに背表紙で見分けられなくて不便じゃないですかね?うちの両親もよくそれをやってます。ただ、本に無頓着なので私がカバーをはずしても怒りませんが。今度こっそりブックオフにでも売ってやろうかと不肖な娘は考えています。

奥様のカバーは本が焼けないためですか?それとも、こだわり?

そう言えば・・・実家の父の本は、書店のカバーに包まれたまま。ご丁寧に、カバー背表紙に手書きでタイトルが書いてあるものもあります。だって、同じ書店でしょっちゅう本を買っていたら、どれがどの本なのか、まったくわからないですもんね。しかし、なんで読み終わってからも、書店カバーを外さないのでしょうか?私は、書店カバーはスグにでも外したい派。廃品回収の紙類の袋に入れます。ところで、そんなコレクターなご夫婦なら、私のようにお風呂で読書して、湿気でベコベコにしたり、たまに浴槽に取り落としたりなんて、あり得ない、許されざることなんでしょうか?

けいこさん:不便じゃないそうです。背表紙が見えなくても、どの本かわかるそうですshockゆえさん:本が焼けないようにカバーかけてると言ってます。壁本棚にもドアが欲しいそうです。ロールスクリーンも可だそうで。ヒロコさん:そういえば、中にはちょろっと背表紙にタイトルが書いてある本もありますね。うちには浴槽で本を読む習慣はありませんね。捨ててもいい本なら、やってもいいのかなぁ?妻は結構長風呂なんですが、何やってるでしょうか?

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467157

この記事へのトラックバック一覧です: 帯一本、諍いの元:

« それとも、ホームシアター? | トップページ | サッシのお掃除 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ