« 壁本棚の原点 | トップページ | タワーマンション(8月) »

2007年8月21日 (火)

天文科学館

今回の帰省で、懐かしのプラネタリウムに書いた天文科学館へと行ってきました。

山陽電車に電車に乗り、到着したのは、人丸前という駅です。ここから少しだけ歩
いたところに天文科学館はあります。子供達も一緒に歩いていきます。

到着したときは1時過ぎ。ちょうどプラネタリウムの上映時間ということで、まずは
プラネタリウムを見ることになりました。半球型のドームに入っていくと、既に話
は始まっており、方角の説明が始まっていました。なんとか席を見つけ、うちの
家族はリクライニング付きの席についたのでした。

館内は徐々に暗くなっていき、溢れんばかりの星空が見えるようになりました。
と、隣で下の子が寝てしまいましたdespair まだ早かったようです。暫くすると、
上の子も寝てしまいました。この間、幼稚園でプラネタリウムへ行ったはずなん
ですけどねぇ。。。結局プラネタリウムを楽しんだのは、妻と私だけということに
なってしまいました。

今回の内容は、
 太陽系新時代〜冥王星・その後〜
ということで、新しい太陽系の話を聞きました。楽しかったですねhappy01

そんな楽しいひと時を与えてくれた機械がこちらです。

ちょっと不恰好なクモのような奴ですが、その性能は抜群です。

ということで、もう1つ頭の部分だけの写真を。宇宙戦艦ヤマトのコックピットを
彷彿とさせるような顔ですねhappy01

その後、日本標準時の真下にある望遠鏡で金星をみたり、天文に関する展示を見た
後、少し足を伸ばし、魚の棚にも行き、なんだか商業化された商店街にちょっと
ガッカリしながら、夏の一日が過ぎていきました。

« 壁本棚の原点 | トップページ | タワーマンション(8月) »

故郷の話」カテゴリの記事

コメント

なんとなんと!!プラネタリウムのくだりでときめいていたら、その機械でもっとときめいてしまいました。すてきですねぇ。こういうのを考えた人のことを考え出すと、妄想が止まりません。

実は、この機械、日本で稼動している最古のプラネタリウムです。1960年製ということなので、もうすぐ50歳ということになります。無骨だけどかっこいい機械ですよねhappy01 詳しくはこちらのリンク先をどうぞ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467188

この記事へのトラックバック一覧です: 天文科学館:

« 壁本棚の原点 | トップページ | タワーマンション(8月) »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ