« 野球の見かた | トップページ | 台風のあと »

2007年9月 7日 (金)

景気ウォッチャー調査

今日は最近読んだ本の話です。といっても、別に難しい本ではなくて、
 岩城秀裕著, <街かど景気>の経済学
 新観測システム「景気ウォッチャー調査」(PHP新書241),
 PHP研究所, 2003.

という新書です。

ちょっと、内容を引用します。
 景気ウォッチャー調査は、「地域の景気に関連の深い動きを観察できる
 立場にある人々の協力を得て、地域毎の景気動向を的確かつ迅速に把握
 し、景気動向判断の基礎資料とすることを目的とする」(P.29)


簡単に言えば、デパートの販売主任やハローワークの職員などに、最近の現場
どうでしょう?と聞いた結果を集計したのが景気ウォッチャー調査というわけです。
統計データなので、数値もあるのですが、面白いのは、色々なコメントがあること
です。例えば、2007年7月のデータには、
 北海道の牛ひき肉偽造事件や、中国産の食品への不安による影響もあり、
 中元期を迎えても今一つ盛り上がりが感じられない(近畿=一般小売店
 [精肉])

なんていうコメント(判断理由)があります。結構、的確ですよね。

スマッチで、これを取り上げようとしているのは、調査対象に「住宅関連」の景気
判断があるからです。景気の現状判断DI(景気がいいと思うか悪いと思うかの指標
です。50が現状維持)は次のようになっています。

49.4(2月)⇒52.5(3月)⇒51.7(4月)⇒47.2(5月)⇒48.7(6月)⇒42.8(7月)

3,4月頃は少しましになってきてたようですが、6月、7月となるにつれて、急激に
悪くなってきていますね。先行き景気判断DIも同様に悪くなっています。

判断理由を抜粋すると
 住宅の着工数に陰りが出ているため、部材の在庫調整に時間が掛かり、
 販売量が落ち込んでいる(東北=木材木製品製造業)

というものがあります。また、、
 地域格差とよくいわれるように、県内でもつくばエクスプレスのごく一部
 の地域では地価が高騰しているが、当地域の地価はまだまだ下落が
 止まっていない(北関東=住宅販売会社)

というコメントもあります。

このデータは、月例経済報告関係資料として、公開されていますので、誰でもみれ
ます。仕事のチャンスというだけなく、眺めてるだけでも面白い資料になってます。
みなさんも、一度見て眺めてみてはいかがでしょうか?happy01

« 野球の見かた | トップページ | 台風のあと »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467203

この記事へのトラックバック一覧です: 景気ウォッチャー調査:

« 野球の見かた | トップページ | 台風のあと »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ