« しましマーチ? | トップページ | ランチベルト »

2007年11月 8日 (木)

鉄筋不足のタワーマンション

既に、皆さん色々と書かれていますが、やはり、ちょっと取り上げたいと思います。

高層マンション、鉄筋128本不足で工事中断 千葉


千葉県市川市のJR市川駅南側に建設中の高層マンション「ザ・タワーズ・
ウエスト プレミアレジデンス」(地上45階建て)で、設計上必要な鉄筋
128本が不足しているミスが見つかった。同マンションは30階で工事が
中断しており、施工会社の清水建設(本社・東京都港区)は「早急に補修し、
入居などで迷惑はかけないようにする」としている。(以下略)


25〜30階で、鉄筋が足りないことが住宅性能表示に基づく中間検査で見つか
ったというというお話です。その補修方法が書いてありました。

今後はすでにできた柱の一部を削り、鉄筋を埋め込む形での補修が可能で
工期に影響はなく、強度上の問題も解消できるという。


この補修工事ですが、本当に大丈夫なんでしょうか?どう柱を削るのでしょうか?
柱の外側を少し削って、そこに鉄筋を入れるのでしょうか?鉄筋を入れたあと、
十分なかぶりを柱につけないと鉄筋が酸化して、強度不足を招きます。とすると、
柱に穴を開けて、鉄筋を入れるのでしょうか?その上で、再度コンクリートを流
し込むのでしょうか?この場合、周りのコンクリートと同一にはならないと思う
のですが、強度の心配はないのでしょうか?

まあ、清水建設のおえらい人たちがちゃんと考えているのでしょうから、大丈夫
なんでしょうねぇ?angry

これがきっかけで、このマンションを解約したいという人はでると思います。その
時には、ペナルティなしにお金を返金するようにしてくださいな。

« しましマーチ? | トップページ | ランチベルト »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467260

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄筋不足のタワーマンション:

» 鉄筋の強度不足、マンションの一部作り直し...。 [建築YA「髭」のCOLUMN]
JUGEMテーマ:建築
 大手ゼネコンが工事をしている東京のマンションで、鉄筋に一部強度不足のものが誤って使われていたとして、8.9階を取り壊して一部作り直すことを発表された。耐震偽装以降、この手の話題には事欠かないが、弊害も多いその後の建設業界で、私はこのニュースについては、変ないい方だが少し好印象をもった。現在、私も含めて、厳格化した確認申請の審査業務や手続きの煩雑さに業界は喘いでいる。基準が性悪説の規制に変わろうとしているからである。そのあおりで実に今年の新築住宅着工戸数は、前年比の4割減とも言われるほど、仕事が停滞してしまっている。その影響はあまりにも大きくてその功罪は一言では語れない。
 今回の事件で、事前チェックやミス回避を徹底できなかったゼネコンの管理体制に責任がないとは言わない。その責は負わなければならない。しかしだ。果たしてこのような事件が最近になって表沙汰になるが、日本の近代建築の開闢以来、これまではこう言うことが本当になかったかと言うことである。想像だが、私はこれまでそう言うことがあった場合、闇に葬られてきたこともないとは言えないと思うのである。果たしてこれまでも、非を認め改善すると言うことが、真摯に行なわれてきたかというと私は不安をぬぐえない。それが大手になればなるほど、権威と政治力で仕事をする隠蔽しようと思えば簡単な体質だし、逆に小さければそもそも弁済能力などないのがゼネコンというものである。
 こう言う事件が表沙汰になり、真摯にそれを認め改善するゼネコンの事例が定着すれば、自社チェックも厳格化し、一番良い欠陥建築の抑止とならないか。社会全体がそう言う浄化機能を持つことが何よりである。偏った規制や自らの責任回避のための審査態勢は意味がない。好感が持てたのは、そんなことをふと思ったりしたからかもしれない。ミスを責めることよりも、おおいに作り直せば良いと思う...。
◆応援よろしくね!!読んだらココをポチッとお願い!!→
※あなたのPCからのワンクリックが励みです。笑 [続きを読む]

« しましマーチ? | トップページ | ランチベルト »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ