« 頭のよい子が育つ家(11月) | トップページ | 9月入学は不人気 »

2007年11月20日 (火)

鉄筋強度不足@港区

今度は、港区のマンションで鉄筋の強度不足というお話です。

マンション鉄筋、強度不足で一部解体へ 東京・港区


東京都港区東麻布1丁目で建設中の高層マンション(地下1階地上27階)
の8階部分に、設計より2割程度、強度が不足した鉄筋が使われたため、施
工主の大手ゼネコン竹中工務店(大阪市)が8、9階部分を解体して工事を
やり直すことが20日、分かった。(以下略)


自分たちの検査で気づいて、間違えた8、9階部分を解体するとのことです。
この前の市川のマンションよりはまだましといったところでしょうか。

でも、もし、この欠陥が、20階以上ぐらいで見つかったら、どうなってたでし
ょうか?それでも、解体して、ちゃんと直しますって言ってくれるでしょうか。
そのまま黙殺されはしないでしょうか?そういうところでこそ、企業の体質が
問われるのではないでしょうか?

« 頭のよい子が育つ家(11月) | トップページ | 9月入学は不人気 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467272

この記事へのトラックバック一覧です: 鉄筋強度不足@港区:

« 頭のよい子が育つ家(11月) | トップページ | 9月入学は不人気 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ