« お金持ちの住む街第4位に行ってきました | トップページ | 相変わらず。。。 »

2007年12月10日 (月)

同病相哀れむ

小林さんの書かれた本棚の話もすごいのですが、私的には、こっちのほうがナイスと
思ってしまいました。

ウェブ4コマ漫画「今日の早川さん」を書いたCOCOさんのブログです。

 めもめも
 若い頃は図書館のような書斎を作って本に囲まれて暮らすのを夢見たりし
 たも のですが、今はそんなことにまったく執着がなくなりました。壁一
 面の本を見ていても感慨や達成感などまったくなく、その下でごろんと横
 になって本を読んでいても恥ずかしさと不安感ばかりが募って落ち着かな
 いことこのうえない。

私は一度本に埋もれたことがあるので、不安ちゃあ不安ではあるのですが、今の
ところ、寝室と本棚のある部屋が分かれているので、問題はないと思ってます。
といっても、本棚のある部屋に寝室を移したいのですけどねぇ。。。

一番共感したのは、この部分でした。
 
 結局は収納スペースと購入ペースの問題なわけで、そこにリミッターがか
 かっていなければきっと無制限に増殖していくことでしょう。空間と違っ
 て欲望は有限じゃないんだよなあ。


確かに、空間は有限だけど、欲望は無限ですよね。読んでいて、苦笑いしてしま
いました。でも、よく考えてみると、何でもかんでも欲しいわけではなく、好き
なもの
が欲しいわけで、そこまで無限なのかと思います。常に興味が増え続けると、
無限になるのだろうけど、私はそこまではないのではないかという気になっちゃい
ますね。にもかかわらず、私の書棚はどんどん圧迫されています。。。
# 私のレベルがまだレベルが低いのでしょうか??shock

しかし、この手の話をみると、どっちがいいとか、大きいとか競争するよりも、
おお同士と思ってしまうのは、まさに「同病相哀れむ」ということなのでしょうかwink

・大量の本を置ける

« お金持ちの住む街第4位に行ってきました | トップページ | 相変わらず。。。 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

そうそう。収納はするが『再読』ってのがくせ者で。出して読んだらまたその辺に積むものだから、棚は崩れて床は埋まる。結局元の木阿弥。漫画家の「小野こうせい」さんだったかが。一軒家を一人で借りていたのに、部屋が次々と本で埋まり仕方ないのでリビングの隙間でコート着たまま寝るなんての聞いたことがあります。あ、そう言えば内藤陳会長のご自宅も本で床が見えませんでした。

師匠:結局、人は自分の持っている「箱」に合わせて、ものを溜め込んでいくのかもしれませんね。つい、自分の部屋やパソコンのディスクの中身を考えては、少しだけ落ち込んでしまいます。が、今日も、単行本買ってしまったんですよね。。。despair

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467291

この記事へのトラックバック一覧です: 同病相哀れむ:

« お金持ちの住む街第4位に行ってきました | トップページ | 相変わらず。。。 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ