« 遺跡の後にできるもの(2月) | トップページ | TownMarketに登録してみました »

2008年2月15日 (金)

学校給食

食の安全と聞いて、気になることの一つに学校給食があります。家で食事をと
るなら、なるべく国産のものを使うなど、気をつけることができます。これが外
食になると、どこまで信用できるのかと思ってしまうことがあります。

特に、学校給食となると、子供達が毎日食べるものだけに、どうなっているの
か気になるところでした。その答えは地元のミニコミ誌にありました。それを見
ると
・各学校に栄養士がおり、その指示で給食を作っている。
・卵、味噌(大豆は他県もの)、サヤインゲン、ほうれん草などで地元産を使う。
・米飯を増やしている(コストの安さもあるのかもしれませんが)。

どこかのセンターで作って、配送してくるわけでもなく、地産地消もある程度は
実現されているようです。上の子が今年4月から小学校にあがるのでちょっと安
心しました。上の子は小食なので、残さず食べられるか、時間内にちゃんと食べ
られるかなど心配な面もありますけどねhappy01

« 遺跡の後にできるもの(2月) | トップページ | TownMarketに登録してみました »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467340

この記事へのトラックバック一覧です: 学校給食:

» 給食 [教師力向上ルーム]
どの人も、小学校中学校時代にこの制度を通って、成人しているはず。その過程で給食に対する思いも結構私が、最近思っていることは、給食を通して、育てられることは何かです。この給食指導に関しては、配膳の方法、食べ方の指導、片付けの指導など、担任に任せられている部分がとても多く。方法は一つではない。 [続きを読む]

« 遺跡の後にできるもの(2月) | トップページ | TownMarketに登録してみました »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ