« 花粉症対策 | トップページ | 花粉対策 その2 »

2008年3月 5日 (水)

住宅ローン控除を申請しよう(提出)

前の記事

書類はかき集めました。申請書を家族が寝静まった深夜に書いたので、今日提出
に行ってきました。

提出先は、市内の税務署というわけではありません。近くに出張所ができていま
す。徒歩で10分ほど歩くと、出張所に到着しました。エレベーターで会場に行くと、
整理番号を渡されました。番号が呼ばれるまで別室で待てということです。どれ
だけ待たされるのかなぁと思っていると、待っている人はほとんどおらず、すぐに
確定申告の記入場所に案内されました。

立ったまま申請書を書くようになっています。私は確認だけしてもらおうと思っ
ていたので、税務署の人を捕まえようとしました。が、忙しく動いていて、なか
なか捕まえることができません。やっと捕まえて、確認をしてもらうと、次の場
所が訂正されました。
・確定申告書の"納める税金"
 源泉徴収されている人は書かなくてもよいようです。
・控除額の計算明細書の"家屋と土地の部分"
 マンションの場合、家屋だけに相当するのかと思っていたら、家屋と土地に分
 ける必要がある
とのことでした。マンションの販売価格のうち消費税が掛かる
 のが家屋の代金それ以外が土地の代金とのことでした。また、土地の割合
 も計算する必要がありました。

税務署の人は、電卓をパンパンとたたき、私の間違えた場所の数字を計算し、どん
どん訂正していきます。時間にして、5分ほどでしょうか。修正が終了し、私は提
出にいきました。

結局、この建物に到着して20分ほどしか経ってません。私は慌てて仕事へと向か
うのでした。これで、25万円が帰ってくることになります。とはいえ、全額住宅
ローンの返済にまわす予定です。借金はどんどん返さなきゃねhappy01

« 花粉症対策 | トップページ | 花粉対策 その2 »

ローンの話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467358

この記事へのトラックバック一覧です: 住宅ローン控除を申請しよう(提出):

» 住宅ローン控除の条件 [住宅ローンの事なら何でも解決します]
住宅ローンに控除制度がある事をご存知でしょうか?住宅ローン控除とは、正式名称を『住宅借入金等特別控除』と言い、住宅ローン開始時に一定の条件を満たしていた場合に、何%かの所得税が還付されると言う制度の事です。つまり、負担が減るという事です。住宅ローン控除を受けるには、以下の条件を全て満たす必要です。・住宅の床面積が50平方メートル以上である事・中古住宅においては、耐火構造(マンションなど)は築25年以内、 それ以外は築20年以内である事(ただし、2005年4月以降の取得に 関しては新耐震基準に沿うものとする)・控除を受ける年の所得が3000万円以内である事 (給与所得のみの場合は年収3336万円以内)・店舗や事務所などの併用住宅若しくは増改築の場合は、 居住部分が全体床面積の半分以上である事・住宅の取得後、6ヶ月以内に入居し、控除を受ける各年いっぱい まで引き続いて居住している事・3000万円特別控除などの特例控除を取得した年と その前後2年間において、受けていないこと・建築物及び敷地を取得する為の返済期間10年以上のローンである事どれか一つでもこれらの条件を満たしていない場合は、住宅ローン控除は受けられません。申告する場合は、しっかりと事前に確認しておく必要があります。なぜなら、こう言った条件の多い控除にはトラブルが付きものだからです。事前に全ての項目をチェックしておけば、申告も滞りなく円滑に進むでしょう。 [続きを読む]

« 花粉症対策 | トップページ | 花粉対策 その2 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ