« その後のベッド | トップページ | 朝顔の様子(9月頭) »

2008年9月 5日 (金)

長期滞在者数の変化

asahi.comの記事からです。

海外邦人、長期滞在者数のトップは上海 NY抜く
海外で長期滞在する日本人の数が最も多い都市として、中国の上海が米ニュー
ヨークを抜いてトップになったことが外務省の統計でわかった。急成長を続け
る中国でも最大の経済都市で、民間企業の進出が主な要因とみられる。

ここでいう長期滞在というのは、永住者を除く3ヶ月以上の滞在者のことです。

データを転記すると、次のようになっています。
   2007年       1997年      1973年
1位 上海(4.7)     ニューヨーク(4.6) ニューヨーク(1.1)
2位 ニューヨーク(4.0) シンガポール(2.6) パリ(0.5)
3位 ロサンゼルス(3.9) 香港(2.5)     バンコク(0.5)
4位 バンコク(3.1)   ロンドン(2.2)   ロサンゼルス(0.4)
5位 ロンドン(2.4)   ロサンゼルス(1.8) ロンドン(0.3)  単位(万人)

海外駐在というと、ニューヨークを含む北米というイメージが強かったのです
が、現在ではトップをに上海が入っています。97年に2位だったシンガポールで
すが、今回の調査ではどこにも入ってません。元のデータ(PDF)を見ると、国別
では2.5万人ぐらいは居てるようなのですが。集計間違いなのですかね?

5,6年ほど前にシンガポールに赴任していた人と話をしていて、次の駐在員は、
シンガポールではなくて、上海になると言っていたのが、現実になったという
ことですね。でも、ニューヨークを抜くとは思いませんでした。

あと、増加しているのは、バンコクでしょうか。リタイアした人や外こもり
増えているということなんでしょうか?

かつて私が滞在したモントリオールは、何位ぐらいかなと思って探してみると、
50位までに入ってません。どうやら、1000人にも満たないようです。確かに、
日本人はあまり居ませんでしたねぇ。。。shock

« その後のベッド | トップページ | 朝顔の様子(9月頭) »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467535

この記事へのトラックバック一覧です: 長期滞在者数の変化:

« その後のベッド | トップページ | 朝顔の様子(9月頭) »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ