« 忘年会、その3 | トップページ | 花粉症対策 »

2008年12月23日 (火)

実相寺監督の遺品の行方

YOMIURI ONLINEの記事です。

「ウルトラマン」実相寺監督の遺品1237点、川崎市に寄贈
人気テレビ番組「ウルトラマン」シリーズの演出などで知られる映画監督で演
出家、実相寺(じっそうじ)昭雄さん(1937〜2006)の遺品計1237
点が22日、自宅兼書斎があった川崎市に寄贈された。


川崎市民ミュージアムで展示されるということなので、早くみたいですね。シ
ナリオ台本などもいいですが、やっぱり見たいのは、怪獣ジャミラの原画でし
ょうか。実相寺さん直筆の怪獣水彩画というのもいいですよね。

今のうちに子供にも、ウルトラマンを見せて、手なずけておかなければwink

« 忘年会、その3 | トップページ | 花粉症対策 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467629

この記事へのトラックバック一覧です: 実相寺監督の遺品の行方:

» ワンダー・ウーマン [アメリカテレビ映画・テレビドラマ ふぉーえばー]
第2次大戦中、米軍パイロットのスティーブ・トレバーは、ナチス・ドイツとの空中戦の末、バミューダトライアングルにある地図にない島パラダイス・アイランドに不時着する。
そこは、超能力を持った不老長寿の女性種族アマゾンの住む島だった。 [続きを読む]

« 忘年会、その3 | トップページ | 花粉症対策 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ