« 祝、B1グランプリ厚木開催決定 | トップページ | 花粉はいつまで飛ぶ? »

2009年4月13日 (月)

第2話 黒伯爵の砦

今日から、本格的に仕事が始まり、ちょっと疲れている謎院です。さて、今日
は、アニメ版グインサーガ第2話の話です。前回の話はこちらです。

何とか魔物達から逃げ延びたグインと双子でしたが、そこには黒騎士の一隊が
待ち受けておりました。グインは一人なら切り抜けられると踏み、双子を逃が
そうとします。しかし、双子の言葉の前に、逃げるのではなく、正当な扱いを
することを約束させ、グイン達は捕虜となるのでした。

拘束され歩かされる3人は、モンゴールの辺境の砦スタフォロス城へと連れて
いかれるのでした。そこで、3人を待っていたのは、黒死病に冒された黒伯爵
ヴァーノンでした。黒死病は、一度罹ってしまうと、体が腐り、死に至る伝染
病です。

黒伯爵の前で、3人の尋問が始まります。近づく黒伯爵にグインの一撃が襲い
ます。が、黒伯爵は軽く逃げ、グインの喉元にはネムの長剣が突きつけられる
のでした。黒伯爵は闘技場でグインを闘わせることを思いついたのでした。

闘技場でグインを待っていた居たのは、カブールの灰色猿でした。その動作の
速さ、変幻自在の尻尾の前に、グインは勝利しそうになるのですが、一瞬の油
断から負けそうになります。そこに、トーラスのオロから一本の長剣が投げ込
まれるのでした。

長剣を使い、なんとか灰色猿を倒したグインでしたが、さらに次の対戦相手が
闘技場に連れて来られました。それはモンゴールの傭兵イシュトヴァーンでし
た。彼は黒伯爵を罵ったため、牢に閉じ込められていたのでした。

というところで、第2回が終了しました。今回は、オープニングにグインのテ
ーマが流れました。これはこれで重厚な音楽でなかなかよい感じに仕上がって
ます。

リンダも巫女姫としての能力を見せる場面もあります。と、同時にグインの強
さも相変わらずです。また、オリジナルキャラであるネム(スタフォロス城の
剣豪)が出てきました。今後活躍の場はあるのでしょうか。

"ゴーラの同盟国のモンゴール"というのはちょっと変な表現でしたね。正確に
は、"ゴーラをなす3大大公国の一つモンゴール"という言うべきでしょう。ま
あ、リンダの言葉ですから必ずしも正確ではないのかもしれません。

しかし、黒伯爵はあの程度の軽装で、黒死病をまき散らすことはないのでしょ
うか。もう少し、大層な防護服を着ていると思っていました。伝染病ですから。

また、最後のシーンで、イシュトヴァーンとグインが闘技場に引き出されるシ
ーンがありましたが、これは原作には無いシーンです。さて、次回はどうなる
のでしょうか。今から、楽しみです。

« 祝、B1グランプリ厚木開催決定 | トップページ | 花粉はいつまで飛ぶ? »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467737

この記事へのトラックバック一覧です: 第2話 黒伯爵の砦:

» グイン・サーガ 第02話「黒伯爵の砦」の感想。 [いーじすの前途洋洋。]


グイン・サーガ 第02話
「黒伯爵の砦」
評価:



──
俺は何者だ・・・
グイン、それが俺の名前か









脚本



米村正二


... [続きを読む]

« 祝、B1グランプリ厚木開催決定 | トップページ | 花粉はいつまで飛ぶ? »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ