« 第二回通常総会 | トップページ | お弁当の復活 »

2009年4月20日 (月)

第3話 紅の傭兵

相変わらず、Wordpressと格闘中の謎院です。まあ、素でサイトを作るよりは
楽ですね。

さて、グインサーガ第3話「紅(くれない)の傭兵」です。第2話の詳細は、
こちらにあります。

紅の傭兵ことイシュトヴァーンと対峙するグイン、そこに大剣が投げ入れられ、
戦闘が始まるかに見えたそのとき、黒伯爵が急に苦しみだし、戦闘は翌日に延
期されることになった。

一人連れて行かれたリンダは、牢の中でセム族の少女スニと出会った。リンダ
は、大ネズミに襲われたスニを助け、友達となるのだった。一方、グインとレ
ムスは、イシュトの隣の牢屋に閉じ込められた。イシュトに毛布を渡し、その
脱走を手助けするのだった。

その頃、セム族のカロイがスタフォロス城を襲った。イシュトは壁を破壊し、
一人脱走するのであった。グインは扉を破ろうとするが、できずに牢屋内に止
まっていた。そこへ、オロが現れ、牢の鍵を開け、二人を助けるのであった。

グインとレムス、オロは、リンダの居る場所へと急ぐのだが、ネムが現れ、オ
ロに致命傷を与える。怒ったグインは、ネムを一撃で倒すのであった。

黒伯爵の前に、引き出されたリンダとスニ。黒伯爵は異様な姿となり、二人を
襲うのであった。二人は、短剣を手に闘う決意をする。そこにグインとレムス
が到着するのであった。

グインの一撃を受けた黒伯爵は死霊としての本性を明らかにし、グインに襲い
かかる。グインは、それを避けながら、死霊にダメージを与え、火で浄化する
のであった。

逃げ場の無くなった4人は中原とノスフェラスを分かつケス河へと飛び込むので
あった。

と、ここまでが単行本で1巻までの内容です。なかなか盛り沢山な内容のため、
途中で端折った感じがあります。そのためか、ネムも、黒伯爵もあっという間
にやられてしまいました。

気になったのは、グインが牢屋から出られないシーンでしょうか。もう一撃す
れば、扉が壊れそうでしたから。

次回からはノスフェラスやケス河の怪物が出てきます。私としては、ネムの復
活を願います。執拗にグインを狙って欲しいなぁ。

« 第二回通常総会 | トップページ | お弁当の復活 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467744

この記事へのトラックバック一覧です: 第3話 紅の傭兵:

« 第二回通常総会 | トップページ | お弁当の復活 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ