« 参観日 | トップページ | 白いたいやき »

2009年4月28日 (火)

第4話 死の河を超えて

さて、第4話「死の河を超えて」です。

パロを見下ろすクリスタル公アルド・ナリス。そして、場所は変わり、ケス河
の畔、イシュトヴァーンに助けられたリンダ、グインとレムス、そしてスニは
暫しの休息を取るのだった。

彼らは、ケス河を下り、港町ロスを目指す。そこを大口(ビッグマウス)が襲う。
なんとか、撃退はしたものの、そこを川岸からモンゴール公女アムネリスに見
られてしまうのだった。

アムネリスは、そのままアルヴォン城へと入り、探索に部下を差し向ける。そ
ろそろ日没かというとき、白騎士の一個小隊が一行に追いつく。と同時に、巨
大な大口に再度襲われるのであった。その巨大な大口はさらに巨大なリングワ
ームに捕らえられる。その触手は彼らのイカダをも破壊するが、一行はなんと
か、ノスフェラス側の岸までたどり着くのであった。

場所は変わり、アルヴォン城。アムネリスは城主リカードを前に、ノスフェラ
スへと進行することを宣言する。そして、将兵達にも、自らが指揮をとり、進
行することを告げるのであった。

夜になり、野営するグイン達は、スニの村へと行くことを決める。そして、リ
ンダはイシュトヴァーンに一つの予言をする。
「大いなる災いを呼ぶ男よ、今にあなたは知る。災いは常に御身にあり、御
 身に帰るのだ。御身の災いの星を消すほどに強い獅子の星が勝利を占めた
 とき、御身は安らうであろう。」

と。

ここで、第4話は終了です。前回の最後を受けて、間幕劇的となりました。原
作には、城跡でイカダを探す場面等もあるのですが、省略されています。あと
はほぼ原作通りです。まあ、少しテンポが早い感じはします。

次回には、青騎士隊長マルスや赤騎士隊中隊長アストリアスがでてきます。が、
宿命の対決というのはちと言い過ぎなような。。。

« 参観日 | トップページ | 白いたいやき »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467752

この記事へのトラックバック一覧です: 第4話 死の河を超えて:

« 参観日 | トップページ | 白いたいやき »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ