« GWの台所 | トップページ | 妖怪こてぃしさんぜぃとの戦い 2009 »

2009年5月 7日 (木)

第5話 宿命の出会い

では、5月3日放送の第5話「宿命の出会い」です。

夜のケス河を渡ろうとするアムネリス。それをビッグイーターが襲う。それを
駆けつけた青騎士隊長のマルスが助けるのであった。アムネリスの爺であった
マルスは、先行しようとするアムネリスを押さえ、偵察隊を出させる。

一方、グインら5人は、野営をしながら、今後の行き先を相談するのであった。
レムスが口を滑らせ、リンダとレムスの正体がイシュトにもわかってしまう。
そのとき、グインは「ランドック」という言葉が思い出す。イシュトは、ラン
ドックという名前の書かれた船を見たことを告げるのであった。

偵察隊は、パロの世継ぎを発見する。マルス自ら、グインの力を試すことを申
し出る。グインらを急襲するマルス。二人の凄まじい戦いが繰り広げられる。
一方、リンダとレムスはリーガン率いる赤騎士隊に捕まってしまう。そして戦
いは中断され、3人は捕まることになる。

野営地に連れて来られた3人は、アムネリスと対面し、詰問される。アムネリ
スは、魔導士ガユスにグインについて占わせるが何もわからず、モンゴール軍
はアルヴォン城へと引き返すことになった。その際、3人は馬も与えられず、
ノスフェラスを歩かされるのであった。

食料を手に入れるため、離れていたイシュトとスニは、崖の上からモンゴール
の軍勢を見つめる。一日歩いたあと、モンゴール軍は野営をする。その上空に
は無数のエンゼルヘアーが漂っている。

イシュトは野営地へ忍び込み、サンドワームをおびき寄せる。アストリアスに
よりサンドワームは倒されるが、この機に、3人は馬での脱出に成功する。そ
れをアストリアスが追撃することになった。

馬上で、双子はイシュトに助けて貰ったお礼し、仲直りをする。イシュトは、
自らが受けた予言
「いつの日か俺は王になるだろう。光の皇女が俺に王国と闇を与えるであろう」
を語るのであった。

今回の見所というと、
・マルスとグインの戦い
・エンゼルヘアーの映像
というところでしょうか。マルス強すぎます。老齢ながらグインと互角に戦っ
てますから。でも、どこでグインが灰色猿に勝ったことを知ったのでしょう?

エンゼルヘアーは、白い羽として描かれています。わたしのイメージでは、蜻
蛉のような昆虫だったのですけどね。触れると消えていくのは原作通りです。

次回は、「セム族の集結」ということで、セム族が多数でてきます。モンゴー
ル軍とセム族の戦闘が始まるということですね。

« GWの台所 | トップページ | 妖怪こてぃしさんぜぃとの戦い 2009 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467761

この記事へのトラックバック一覧です: 第5話 宿命の出会い:

« GWの台所 | トップページ | 妖怪こてぃしさんぜぃとの戦い 2009 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ