« マックの『景気をつかもう』商品券 | トップページ | 五月人形 »

2009年5月14日 (木)

第6話 セム族の集結

ちょっと遅くなりましたが、5月10日放送の第6話、セム族の集結です。

ノスフェラスを走る2頭の馬上に、グインとレムス、イシュトとリンダが居た。
彼らはモンゴール軍の野営地から逃げてきたのである。それをアストリアス率
いる赤騎士隊一個中隊が追っている。逃げられぬと判断したグインは、赤騎士
の追撃を阻むため、一人で来た道を戻るのであった。

進むイシュト達の前に、スニとセム族の軍勢が現れた。その頃、グインは一人
赤騎士隊を蹴散らすのであった。戻ってきたイシュト、セム族と共に、グイン
は闘う。

白騎士ヴロンらは戦況を報告するために、戦線を離脱しようとする。イシュト
は彼らを止めるようとしたが、そこにアストリアスが現れ、イシュトと一騎打
ちを始めた。二人は互角に見えたが、イシュトは剣を飛ばされてしまう。だか、
グインが現れ、一撃の元に倒してしまう。退却した赤騎士隊をグインは追った。

場所は変わり、モンゴールの首都トーラス。大公ヴラドと左府将軍ローザンは
ノスフェラス侵攻について話をするのであった。

退却中のアストリアスは、モンゴール本隊に出会う。それは、1万5千の大軍
だった。グインとイシュトも、その陣容をみつけ、何かの理由があることを推
察する。

グインとイシュトは、セム族の村へとやってくる。そこにはラク族の大族長ロ
トーが居た。ロトーは、中原の言葉を話し、グイン達を歓迎する。ロトーに、
グインは、すべてのセム族を集めることを頼んだ。

アムネリスは、今回のノスフェラス侵攻について、隊長達に話し出した。目的
は、セム族の掃討だけでなく、グル=ヌー(瘴気の谷)に砦を作ることであると。
グル=ヌーの情報は、ノスフェラスを横断した魔導師カル=モルによりもたら
された。彼の体は生ける骸骨であった。

そのころグインは、セム族の族長達とモンゴールの脅威について話を始めてい
た。セム族の中には色々な意見があったが、グインの説得で、共に闘うことを
決める。グインのいう勝ち目とは、『ノスフェラス』であった。

カル=モルは、ノスフェラスの探険行を話し始めた。彼は大導師アグリッパへ
の弟子入りを望み、ノスフェラスへ入った。何ヶ月かの彷徨の後に、彼はある
場所へとたどり着いた。

その場所には、濃い瘴気が立ちこめ、数多くの屍があった。その中心には、一
つの岩があった。その岩を触った瞬間、カル=モルの前進は骨だけになったし
まった。その岩、グル=ヌーの謎を解き、パロの双子を捕らえるのが遠征の目
的であった。

グインは、セム族の村にあった剣と鎧を身につけ、戦闘の準備をする。そして
セム族の全軍の前にグインは立つのであった。


というところで終了です。話は進みましたが、まだ戦闘には入りません。一つ
飛ばされたシーンがありました。グインとイシュトがセムの村へ行くためにイ
ドの谷を通る場面です。面白い場面ではあるのですが、時間の都合なのでしょ
うね。

次回は、モンゴール軍とグイン率いるセム族の戦いです。イドが出てきそうで
す。セム族のシバなかなか格好いいですね。次回も活躍するかなhappy01

« マックの『景気をつかもう』商品券 | トップページ | 五月人形 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467768

この記事へのトラックバック一覧です: 第6話 セム族の集結:

« マックの『景気をつかもう』商品券 | トップページ | 五月人形 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ