« 繰り上げ返済、完了 | トップページ | 成城散歩 »

2009年7月31日 (金)

第17話 さらば愛しきひとよ(前編)

物語は一つの山場を迎えつつあります。それは、愛しき人との別れです。今回は
初めての前後編となります。

トーラスの金蠍宮では、ミアイルはマリウスにナタール川に白鳥が浮かぶよ♪
という歌を歌って欲しいと頼む。マリウスはミアイルにキタラの弾き方を教える。
マリウスは、上手に弾けるミアイルを褒めるのだった。

ミアイルは、マリウスにアルド・ナリスの絵を見せて、不安な気持ちを訴える。
マリウスはそれに答え、ずっと一緒にいることを誓う。

一方、モンゴール軍のボーランら隊長達は、婚礼の日のアルド・ナリスの暗殺を
相談する。

マリウスは一人物思いに耽る。そこに魔道士のロルカが現れる。そして、双子と
グインがアグラーヤに保護されたことを伝える。ナリスからの命令が届く。「ミア
イルを暗殺しろ」と。マリウスはミアイルを手にかけようとするが、できなか
った。

リーナスとヴァレリウスは、アストリアスを使い、婚礼の場でナリスを仮死にする
算段をしていた。ヴァレリウスは、ナリスがパロとモンゴールを手に入れようとし
ているではないかと推察する。リーナスは激怒し、自らが剣を捧げるのはパロだと
いい、ヴァレリウスが剣を捧げるのはリーナスだと宣言した。

トーラスでは、マリウスとミアイルが談笑していた。マリウスはミアイルに吟遊詩
人にならないかと誘う。そして、マリウスはミアイルを手なずけたので、ヴラド大
公を暗殺してはどうかとロルカに提案する。

アムネリスは、ナリスと共にサリア神殿に結婚前のお籠もりにはいる。パロでは、
最後の拒否権が与えられる。そして、アムネリスは言葉巧みに、カラム水に混ぜた
睡眠薬を飲ませ、ナリスは魔道士たちと密談をする。そこには、影武者がいた。

ヴァレリウスは、アストリアスに黒騎士の鎧を与え、暗殺の手筈を説明する。剣に
は、魔道士の毒があり、かすり傷で致命傷を負わせることができると。

アムネリスが気づいたときに、ナリスはそこにいた。そして、運命が動き始める。

トーラスでは、雨が降っていた。モンゴールでは、雨は死人の涙と言われていた。

ついに、サリアの日が始まった。アムネリスは、婚礼の衣装を着ていた。それを見
た侍女のフロリーとルシアは褒め称える。その外では、パロの市民が続々と集まっ
ていた。それを見たタイランはカースロンを叱咤する。そこへアムネリスの乗った
馬車があらわれる。


ここで17話は終了しました。次回は後編ということで、話が一気に進みます。まず
は、ナリスとアムネリスの結婚式です。そして、トーラスでも事態は動きます。

« 繰り上げ返済、完了 | トップページ | 成城散歩 »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39467850

この記事へのトラックバック一覧です: 第17話 さらば愛しきひとよ(前編):

« 繰り上げ返済、完了 | トップページ | 成城散歩 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ