« ドリンク2種 | トップページ | グインサーガとハガレン »

2009年8月14日 (金)

第19話 蜃気楼

グインサーガもとりあえず佳境に入ってきました。あと8話しかありません。パロ
奪還まで駆け足で進むことになります。

アグラーヤの宮殿に到着したレムス。そのレムスをアグラーヤ王女アルミナがアグ
ラーヤ王ボルゴ・ヴァレンのもとへ連れて行く。一方、イシュトは綺麗に着飾った
リンダを見て、戸惑っていた。そこに、アグラーヤの士官フレイがリンダを迎えに
くる。

イシュトヴァーンは、グインはに海の見えるベランダで不満を告げる。

ボルゴ王の前にでたレムスは、一個小隊を貸して欲しいと頼む。ボルゴ王はそれだ
けでいいのかと問い、アグラーヤがパロの盟友であり続けることを願う。そして、
ボルゴ王はアルミナをもらって欲しいと頼むが、パロが収まってからと断る。この
やりとりで、ボルゴ王はレムスを認める。

アグラーヤを出発しようとするレムス達。レムスはアルミナに一年以内に迎えにく
ると告げる。そして、レムス達はアルゴスへ出発する。

パロでは、黒騎士隊長カースロンがアルド・ナリスの亡霊を見たという部下を叱っ
ていた。苛立つカースロンは、自宅に帰り、愛人のリナに酒と寝室の準備をさせる。
その寝室には死んだはずのアルド・ナリスが居た。

ナリスは、殺されたのは影武者だったことを告げ、まもなくモンゴールは滅びるか
ら、パロに味方し、リナこと聖騎士のリギアを妻に迎え、聖騎士にならないかと懐
柔する。

レムス達はアルゴスに到着した。アルゴスには叔母のエマ王女が待っていた。そし
て、レムスはアルゴス王スタックの前で自らがパロの王であることを宣言する。ア
ルゴスには、魔道士のヤルーも待っていた。

スカールとベック公は、ダネイン湿原を行く道をとらず、ウィレン山脈を越える道
を選ぶ。その道は、奇襲にはよいが、非常に険しい山道であった。

イシュトとリンダは、二人で馬に乗り、草原の地平線を見る。そこには蜃気楼が見
えた。イシュトはリンダにパロには行かないと告げる。リンダはどんな地位にでも
付けるというが、イシュトは自らの力で王となり、3年後に迎えに行くと約束する。
イシュトは自らの髪をリンダに与え、二人は3年後の再会をイリスに約束する。

謎の女アナクがレムス達を送ったアグラーヤ兵の野営地に現れる。そして、グイン
の行き先を聞き出す。グインはアナクを含む5人組に狙われていた。

というところで終了です。次回は、グイン、イシュトが別行動をとります。グイン
は謎の集団に襲われ、イシュトはアグラーヤに戻り、ある物を手にいれます。これ
がイシュトを王座に導くのでしょうか?

« ドリンク2種 | トップページ | グインサーガとハガレン »

オタク話」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39440751

この記事へのトラックバック一覧です: 第19話 蜃気楼:

« ドリンク2種 | トップページ | グインサーガとハガレン »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ