« マトリョーシカ | トップページ | 主夫生活: 風呂掃除と買い物 »

2009年10月 5日 (月)

24時間前の番組が見られるテレビ

ITmediaの記事から。

200GFLOPSの液晶テレビ「CELL REGZA」

東芝は10月5日、Cellプロセッサを搭載した初の液晶テレビ「CELL REGZA」(55X1)を12月上旬に発売すると発表した。強力なプロセッサパワーを活用した超解像処理や、大容量HDDに地上デジタル番組を最大8 チャンネルまで同時録画しておける「タイムシフトマシン」機能など、フラッグシップ機として破格の高スペックとなっている。実売予想価格は100万円前後。

東芝からとんでもないテレビが発売されました。24時間前の番組が見られるのは、

  • 録画用地上デジタルチューナー×8
  • 2Tのハードディスク

を積んでいるからです。これだけではなく、さらに

  • 地上デジタル×2基・BS/110度CSデジタル×2
  • 通常録画用の1Tハードディスク

も持っています。ここまで来ると、もうなんと呼べばよいか分からないところまで来てますよね。DLNAやUSBハードディスクにも対応しています。面白いところでは、リモコンが見つからない時に、アラーム音を鳴らし、見つける機能も付いています。Gigazineでも、取りあげられていますね。

唯一残念なのは、録画したものをBlu-rayやDVDに保存する方法がないという点でしょうか。東芝のスタンスとしては、USBハードディスクに保存すればよいということなのでしょう。まあ、何にせよ、面白いテレビが出てきたものです。

« マトリョーシカ | トップページ | 主夫生活: 風呂掃除と買い物 »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

実は、地上アナログ波ではすでにSpiderって製品があります。こいつはもっと凄くて、どの番組のどの時点で誰が出ててみたいな情報までネット経由で送ってきて、ほんとに串刺しでがっつりみられる…その分お高いですがw

こいつのコンシューマ用が結構安く出てきて、ぢゃ、地デジ対応はしないの?って話を展示会とかでしても、口を濁す感じ(たぶんTV局方面から色々圧力がw)だったんですが…

東芝やりましたねぇ…

もう5年以上前になりますが、多チャンネル同時録画のコンテンツをどう見せるかを考えた事があります。結局人間には24時間しかなく、そこに24*10チャンネル=240時間の番組があっても誰も見られないんで…

そこで出てきた結論は…TV局の番組制作体系自体…つーか、CMをTV局がつけないモデル…でした。

MADビデオってあるぢゃないですか、いろんな番組を組み合わせて1つのコンテンツとする奴…今だと著作権関係が難しくてなかなか作れませんが…すべての元ネタコンテンツが自前録画されてたら…
どの番組を何分目から何秒流すか、みたいな情報を共有できたら、そこにCMが付くよねぇ…そして本来の番組のCMは誰も見なくなるよねぇ…としたら制作構造自体が変わる羽目になるよねぇ、みたいな…
#ただ、著作人格権的な問題が起こるかも知れないですが…

このネタを考えてた時は5年後には実現しそうだなぁ、と思ってたんですが、よーやく来ましたか、って感じです。この先はもっと面白くなりますよ?予想ではたぶん(笑)

ひよひよさん:
お久しぶりです。Spiderを調べてみると、2011年春には地デジ対応版がでる模様です。

MADビデオの場合は、ベースとなる映像の中身が分かっているわけで、それを繋ぐのは時間的には余裕があると思います。けれど、1日分しか持っていないなかから、面白い物を拾い出し、繋ぐというのは時間的に難しくはないでしょうか?

ところで、このREGZAにはローミングナビという撮った番組を探す手段が付いています。これを上手くカスタマイズできないでしょうか?そして、それを仲間に送る手段を確保すれば、似たようなことができそうです。もっとも、これでも24時間という制約はあるのでしょうけど。

録画できる時間に関しては、結局時間が解決する(つまりHDDの容量が増大する方が早い)と踏んでます。あっちゅーまに1年分とか保持できるよーになると思われ…倍々ペースで容量なんて増えていきますし…過去録画で高画質録画保持マークついてないやつは画質落として圧縮率を上げるなんて手も使えますしね…

短期的な番組選択はSNS的なサービスを想定してます。
EPGではなくて、ある特定のユーザグループが面白いと思った番組を見る仕掛けですね。
たとえば、リアルで見た人が面白い、と思った処でリモコンについた「拍手ボタン」なりを押すと。で、似たような感性を持った人たちをSNS的に結び付けて、同じ感性を持った人が面白いと感じた処だけを見せてくれる、と。チャンネル表だけぢゃ、結局番組制作側の思惑を見せられるわけで…TVを見るのも口コミ化したら面白かろうと。
要するに、今30分時間あるけど、その時間で今見たらいい番組(細切れ)を教えてくれ、というわけです。

で、その先にあるのがMADで、こうなってくると、自分が保持してない番組やDVDソースが含まれたら、その番組の再放送を自動的に(有償サービス含めて)探して保持するなり、DVD買ってこーい、なりのメッセージが立ち上がると。そうなれば、コンテンツにお金を払う、といういい作品を作ればちゃんとコンテンツ制作側にもおいしい時代が来るなぁ、と…

HDDの容量増加は、デバイスの問題なので、できるかどうかは分からないとこですけどね。計算パワーがあれば、画質落として、再エンコードはありだとは、思います。それこそCELLプロセッサの出番でしょうか。

短期的なサービスとしては、SNSよりもTwitterのほうがいい気はします。テレビに見てる番組を組み合わせたものを推薦するなんて仕組みだと、ネットにさえ繋がってれば簡単に実装できそうです。

そのうち、ニコ動職人じゃあないですが、MAD職人なんてのがでてくるかもしれません。ただ、有料サービスが成り立つかどうかというのは、ちょっと疑問符が。。。NHKは見逃しサービスやってますけど、採算はほとんど取れてませんでしょうし。

どっちにしても、コンテンツにお金をちゃんと払うというスタンスにならないと、コンテンツ産業も疲弊していくだけなんですけどね。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39440808

この記事へのトラックバック一覧です: 24時間前の番組が見られるテレビ:

« マトリョーシカ | トップページ | 主夫生活: 風呂掃除と買い物 »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ