« 鉄道展の後は? | トップページ | ウルトラサイダー やっと出ました »

2009年10月21日 (水)

電球型蛍光ランプの寿命

天井のシーリングファンに付けている電球型蛍光ランプが切れました。
Lights1

ストックも無かったので、仕方なく一つ買ってきて、取り付けました。

Lights2

無事に明るくはなったのですが、ランプのパッケージを見て疑問に思いました。そこには、

  • 電気代 約 1/5
  • 寿命 約 6倍 (6000時間)
  • 発熱量 約 1/5
  • 点灯寿命 2万回

と書かれています。このランプを買ったのは、2008年3月です(過去記事"明るくなる"より)。ということは、約 1年7ヶ月(=約580日)使ったことになります。

つまり、1日24時間点けていると13920時間、12時間点けていると6960時間ということになります。さすがに一日12時間も点けてはないと思うので、もうちょっと点灯時間は少ないのではないかと思います。

それ以外に気になるのは点灯寿命です。580日で2万回の点灯をさせるには、1日に34回ほど必要となりますが、さすがにそこまでは点灯させてないと思います。

6000時間を580日で使い切ろうとすると、1日10.3時間使う計算となります。これぐらいの時間なら点けてるかもしれませんね。まあ、寿命が来たのでしょう。

あ、でも、既に1つは取り替えていたのでした。ということは、この半分ぐらいですかね。やっぱり目安よりもだいぶ早く切れてる気がします

« 鉄道展の後は? | トップページ | ウルトラサイダー やっと出ました »

新居のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 電球型蛍光ランプの寿命:

« 鉄道展の後は? | トップページ | ウルトラサイダー やっと出ました »

ツイッター

  • Twitter
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ