« 2010年の花粉、終了 | トップページ | スモーカーはどこへ行く »

2010年4月19日 (月)

早期教育効果は小学生で消える

AREAの記事から

早期教育効果は小学生で消える
小学校入学前に読み書きを習得する子どもは多い。その風潮に警鐘を
鳴らす研究が報告されている。本質的な 学力を決めるのは親子関係だという。

お茶の水大学の内田教授の研究を元に記事が書かれています。その内容を簡単に説明すると

  • 幼稚園児の頃にあった差は、小学1年生の9月にはほとんど消える
  • 語彙力は、ふれあいを大事にし、楽しいことを共有することで高くなる
  • 禁止、命令、体罰などで押さえ込むのは駄目
  • 競争、勝ち負けなどを多用するのも、親が犠牲になるのも駄目
  • あまり期待してやらせすぎると、燃え尽きてしまう
  • 子供は、親を喜ばせようと、嫌とは言わない

色々と、思い当たること、思い当たらないことなどありますが、無理にやらせても仕方ないというのがよくわかります。いろいろなことを体験させるというのは重要ですが、それを無理矢理続けさせてもしかたないかなと。

まあ、勉強だけが人生ではないですしね。将来、ちゃんと生きて行けるってのが一番大事かと。

« 2010年の花粉、終了 | トップページ | スモーカーはどこへ行く »

気になる話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1489792/39441001

この記事へのトラックバック一覧です: 早期教育効果は小学生で消える:

« 2010年の花粉、終了 | トップページ | スモーカーはどこへ行く »

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ