故郷の話

2011年1月 2日 (日)

実家での食事

やっと実家から帰ってきた謎院です。とはいえ、明日から仕事です。子供達は10日まで休みなんですが。。。

まずは、実家でお正月に食べたものです。
Zikka01
実家のあたりでは、お正月に欠かせない鰤です。それを母が照焼きにしてくれました。いやぁ、これ食べると、実家に帰った気がします。

次は、こちら。
Zikka02
蛸の刺身です。生の蛸を茹でて、即冷凍していたとのこと。残念なのは、解凍が間に合っておらず、まだ凍っている状態だったことです。ちゃんと解凍してれば、もっと美味しかったんでしょうけど。。。

これと一緒に飲んでいたのがこちら。
Zikka03 Zikka04
明石鯛と奥丹波という日本酒です。明石鯛のほうが後味もしっかりとある日本酒らしいお酒でした。奥丹波は飲みやすいお酒でした。私は明石鯛のほうが好みですね。

ということで、まずは実家で食べたものでした。

2010年8月20日 (金)

故郷の様子 2010夏 その3

ということで、故郷の様子最終回です。
Futami21
ここは、山陽電鉄東二見駅の駅前です。この更地には、飲み屋、菓子店、本屋などが入った建物があったのですが、全部なくなりました。ちなみに、奥に見えるのは私も卒業した二見小学校です。

Futami22
そんな街を歩いていると、こんな朽ち果てた明治コーヒーの自動販売機とか、

Futami23
昔からの看板がありました。真ん中には赤字で畳と書いてあったのだと思います。いまでも、営業してるのですかねぇ?

Futami24
と、そんな二見のある明石市の消火栓には、明石海峡大橋と天文科学館がデザインされております。

そんな楽しかった実家での生活も、盆踊りで最後となりました。
Futami25
うちの子供達も、お菓子をもらい、満足して帰りました。明日からは、ふたたびの奈良です。

2010年8月19日 (木)

故郷の様子 2010夏 その2

橋を渡った先は人工島でした。
Futami11
これまでとは雰囲気の違うまっすぐで広い道が走っております。奥に見えるのは防波堤で、そこには多くの人が釣りに夢中になっております。

Futami12 Futami13
そこを歩いて行くと、こんな奇妙な建物もありました。何だろうと思い、看板を見て納得、浄水場でした。ここに建てれば、誰にも反対されません。周りは工場ばかりですから。

昔はこのあたりを走らされておりました。持久走というと、ここでしたから。
そう思って、歩いていると、再度橋を渡り、昔からの街へと戻ってきました。
Futami14
石垣がありますが、昔はここまで水があったという印です。今では、ここよりも海は後退してます。現在の海の場所からみると、街は坂の上にあることになります。なので、こんな階段もあります。
Futami18

さらに歩いていると、変わった建築物を見つけました。
Futami15
あとで、親に聞いてみると、醤油の蔵本とのことです。そういえば、昔はここから醤油樽もらって、餅つきしてたんですよね。

Futami16
しかし、そんな街でも、店はどんどん減っています。これはかつての市場です。両脇に多くの店があったのですがすべて無くなりました。いや、一軒だけ残ってます。閉店セールやってましたが。。。

2010年8月13日 (金)

実家の静かな夜

お盆ということで、実家のある明石へと帰ってきています。

久しぶりにあった長男と次男は、こっちでたっぷりと遊んだようで、一回りほど成長したようでした。両親曰く、去年と比べると、成長が見えるとのことでした。まあ、身内の欲目かもしれませんがcoldsweats01

さて、実家に帰ってきても、どうしてもこれをしなければということはないので、のんびりと過ごすわけですが、やはりご飯がおいしく感じます。それもそのはず、野菜の多くは両親の作ったもの、魚介類は前の海で取れたものだからです。まあ、昔から食べなれた味というのもありますけどね。

ということで、ゆっくりと過ごしていると、実家に置いたままの漫画に手が伸びてしまいます。とりあえず読んだのが、ドカベンプロ野球編。岩城も殿馬も山田太郎も相変わらずです。次のターゲットは、The MOMOTAROHでしょうか。そろそろ読みに沈みます。

2010年4月 4日 (日)

懐かしい味

実家から時々宅急便が届きます。中身はと言うと、実家のあたりのものが中心です。例えば、イカナゴの釘煮であったり、味付け海苔だったりするのですが、今回は、こんなものが入っていました。

Zimoto1

神代製菓のお菓子です。上のが瓦せんべい、左のものが秋の山、右の物は名前は忘れてしまいました。秋の山は、果物や野菜の形をした人形焼きとでもいえばいいのでしょうか。栗、茄子、筍、空豆などの型があります。子供達はちょっと勘違いしてたようですが。

右側のものは、青のりが入っており、ちょっと苦みがありましたが、子供達はぱくぱくと食べていました。瓦せんべいは堅かったです。年取ると食べられないかも。

昔は、このお店、店頭でできたてを食べることができたのですが、今では商品を、店頭ではない売店で食べられるだけになっています。跡継ぎが居ないのです。いつまで食べることができるのやら。。。

2010年2月 8日 (月)

にぬき、みぬき?

asahi.comの記事から。

煮抜き、お作り、関東煮…消えゆく関西たべもの言葉
煮抜き、五目ずし、関東炊(かんとだ)き……。「食」に関する関西ことばが日常生活から急速に姿を消している。武庫川女子大学言語文化研究所(兵庫県西宮 市)の岸本千秋助手(44)の調査でわかった。「まずい」を意味する「もみない・あじない」は絶滅寸前だ。

記事で取り上げられている関西の言葉には、次のものがあります。

  • もみない、あじない ⇔ おいしくない、まずい
  • 煮抜き ⇔ ゆで卵
  • なんば ⇔ トウモロコシ
  • ごんぼ ⇔ ゴボウ
  • 関東炊き ⇔ おでん
  • ばらずし、五目ずし ⇔ ちらしずし
  • かしわ ⇔ 鶏肉
  • お造り ⇔ お刺し身
  • ミンチ ⇔ ひき肉
  • かぶら ⇔ カブ

私が使ったことがないのは、「もみない、あじない」、「煮抜き」、「なんば」でしょうか。あとのは全部使いますね。

ばらずしは、方言とは思ってませんでした。どおりで関東人の嫁さんに通じなかったはずです。お造りは、居酒屋のメニューとか、チラシでも使われてると思うのですが、どうでしょう?

「煮抜き」は使ったことがないような気はしますが、祖母が「みぬき」と言ってた覚えがあります。と、ググってみると、にぬきとはいうページに、訛ってたのかな@大阪府八尾市と書かれていますね。他にも、神戸の日本料理屋の女将さんがみぬきと書いてますね。ということは、関西の一部で「みぬき」と呼んでいたということで。あ、うちの実家は兵庫県明石市ですから。他にも、そう呼んでた地域ないですかね?

2010年1月16日 (土)

当時の三宮駅前

さっきまで、震災直後の神戸新聞を題材にしたドラマ「神戸新聞の7日間」を見ていました。震災があってから、もう15年です。そんなドラマのなかに出てきた神戸新聞会館やその周辺のビルの話です。

神戸新聞会館には、映画館が入っていました。たまに映画を見に行く程度でしたが、JR三宮駅の目の前であり、三宮に行ったときには見上げていました。

私の目的地は、その先のジュンク堂の大型専門書専門店サンパル店でした。そこへ行くまでには、神戸新聞会館、プランタン神戸(現、サンシティビル)の脇を抜けて行くのがいつもの道でした。

確か、サンパルの中に古本屋街のようなものがあって、そこでも本を探していた覚えがあります。

今では、そのサンパル店もサンシティビルに移っています。神戸新聞会館もミント神戸という商業・オフィスビルにと変わっています。

最近は、三宮に行くことはないのですが、一度見に行ければと思っています。つい、三宮よりも、南京町や元町方面へ行ってしまうのです。

そういえば、六甲周辺にも行っていません。一度、街歩きしたいですね。よく御飯を食べていた定食屋はどうなったのかなぁ。。。

2010年1月10日 (日)

実家での生活(2)

実家を出て、かれこれ10年は経っていますが、まだ本や漫画があったりします。で、実家に戻る度に、こっちへ持ってこようとするのですが、全部を持ってくるわけにはいきません。

そんな置いてある本達の中にもお気に入りはあるもので、つい読みふけってしまいます。その中の1つがこれです。
Comics1001

"DRAGON QUEST ダイの大冒険"です。単行本で37冊もあるのですが、時間があると次々と読んでしまいます。いつ読んでも楽しさと懐かしさがあります。それは今の時代でも変わらないと思っています。そのうち子供達にも読ませたいなぁ。。。

2010年1月 7日 (木)

実家での生活

2日から5日まで実家に帰省していたわけですが、その生活の一部を書いておきます。

2日 カニスキ、蛸、焼き穴子を食べる。
3日 鯛飯を食べる。
4日 鳥料理店へ行き、鳥料理を食べる。

ということで、めいっぱい食べてきました。どれも美味しかったのですが、故郷の味だなぁと思ったのは、蛸、焼き穴子、鯛飯というところでしょうか。特に、蛸と穴子は目の前の海で取れたものだったので、絶品でした。

正月ですから、親戚がどんどんやってきます。甥、姪だけで4人居ますから、うちの子供と併せて、総勢7人です。集まったら、みんなで楽しく遊んでいました。うちの上二人は、ちょっと年上なので、どちらかというと面倒を見ている感じです。

そんな中、一番人気だったのは、三男坊でした。
Baby1001

誰に抱っこされても、こんな顔でご機嫌でした。もうすぐ5ヶ月になりますが、赤ちゃんの成長って早いですねぇhappy01

2010年1月 4日 (月)

新年の始まり

まだ、実家のある明石に滞在中の謎院です。2日に帰ってきて、もう4日です。二日間もブログをサボってしまいました。その間、いろいろと飲んで食べて、英気を養っております。体重も順調に増えてるようです。

さて、子供たちはというと、上の二人は、年下のいとこたちと楽しく遊んでいます。特にその中の一人は、おにいちゃん、おにいちゃんとくっついて来るので、嬉しいようで、面倒を良く見ています。

三男坊はというと、親戚や地域の人にニコニコと笑ってる顔を見てもらい、ご機嫌な様子です。まあ、赤ん坊ですから、起きてると、ニコニコか、泣いてるかという状態しかないのですけどね。

明日は関東へと戻る日になってしまいました。明日からは、いつもどおりブログを更新していきたいと思っています。

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ