気になる話題

2011年3月23日 (水)

超高層マンションって大変

asahi.comの記事から

55階まで30分…都心の超高層マンションに潜む不安
東日本大震災では、首都圏の高層マンションで暮らす住民も大きな揺れに見舞われ、エレベーターの緊急停止で階段の上り下りを余儀なくされた。快適な摩天楼の暮らしに潜む不安や苦労も浮かび上がった。

東京都中央区の超高層マンションの55階に住む主婦(32)は11日午後2時46分、1人でいたリビングで地震に遭い、とっさにテーブルの下に隠れた。ゆっくりした横揺れが5分程度続き、天井のシャンデリアが30~40センチ揺れた。(以下略)

そして、この主婦は保育園に預けている二人の子供を迎えに行くのです。しかし、地震でエレベータは止まっている、送迎バスは中止、路線バスも止まっているという状態で歩いていくことになります。

保育園で子供を受け取り、家に帰っても、今度は55階まであがることができずにエレベータが復帰するのを待つが、部屋まであがることができません。意を決し、下の子を背負い、3人で55階の部屋まで戻ったのとのことです。

この人すごいなぁと思ってしまいます。もし私がこういう立場になったら、エレベータが戻るまで、どこかに避難しておこうと思ってしまいます。もう少し言うなら、いくら都心のよいマンションでも、高層階には住みたくないと思います。

また、YOMIURI ONLINEに、こんな記事もあります。

オール電化住宅、普及裏目…原発2基分の消費増

東京電力が、給湯や調理などすべてを電気でまかなう「オール電化住宅」の普及を推進してきたことが、今回の電力不足に拍車をかけている。

 この3年間で戸数が倍増し、最大で原子力発電プラント2基分にあたる約200万キロ・ワット分の電力消費能力が増えた可能性がある。東電は、東日本巨大地震後、計画停電をせざるをえない状態で、オール電化の普及策は抜本的な見直しを迫られている。

もし、最初の高層マンションがオール電化だったら、家に辿り着いても、火もエアコンも使えないことになります。そうすると、大変な思いをして、自宅に戻っただけということになります。

そうならないためには、そういうマンションには住まないというのではなく、自分の住んでいるマンションのライフラインがどうなっているかを知ることが必要です。

例えば、うちでは、電気が止まると、水もでません。これは、高架水槽がなく、必要なときにポンプを使い、水を出す仕組みになっているからです。逆にガスは使えますから、光さえあれば、料理はできます。

何が何でも自宅に戻るというだけでなく、できる限りその場その場で賢い選択をしたいですよね。でも、この記事の主婦は、子供を預けて、家で仕事をしてたのでしょうか?

2011年2月23日 (水)

地デジ化はできたか?

今週のお題は、「地デジ化ってできてる?」という話です。

うちは、地デジ化終わってます。2008年頃にテレビが壊れたため、液晶テレビにしました。さすがに、この時期のテレビなので、地上波デジタルチューナーが入っています。これでテレビは大丈夫です。

もう一つ地デジ化しなければならなかったのは、DVDレコーダです。こちらも壊れたので、2010年3月頃に買い換えました。こちらにも、地上波デジタルチューナーが入っていますから、地デジ化もできています。ということで、地デジ化終了です。

まだ、地デジ化していない人でも、J:COMのケーブルテレビを見ている人には、朗報があります。

J:COMのケーブルテレビ11社、アナログ変換で地デジが見られる「デジアナ変換」スタート
ジュピターテレコム(J:COM)グループの首都圏11社のケーブルテレビ各局は、2月17日、東京都墨田区の「J:COM すみだ」を皮切りに、地上デジタル放送の「デジアナ変換」サービスを開始した。

J:COMと契約をしている人だけでなく、建物にJ:COMのケーブルが入っている家も対象です。ということで、うちでもアナログテレビで見ることができます。ひょっとするとうちでも、MXTVを見ることができるかも。。。

もっとも、2015年3月までですから、それまでにデジタルテレビか、デジタルチューナーを買いなさいということですね。

詳しくは、J:COMTVのデジアナ変換サービスのページをご覧ください。

2011年2月11日 (金)

あたらしいみかんのむきかた

友人から見せてもらい、気になっていた本なのです。なぜか電車の広告にもなっていたり、asahi.comでも紹介されていました。

ミカンむいたら、ネッシー登場 皮で工作、紹介本ヒット
ミカンの皮から様々な生きものをつくる工作を紹介した本「あたらしいみかんのむきかた」(絵・文=神谷圭介、小学館)が好調な売れ行きを見せている。昨年11月に発売されるとツイッターなどで評判となり、すでに4刷5万6千部に達した。

著者は、牧師さんということですが、みかんをどうむくかということにチャレンジしています。むき方も面白いのですが、じつは挿絵と文章が面白いのです。気になった人は、本屋でみてください。ちょっとおじさん向けかもしれませんが。ひょっとして、飲み屋でやるとうけるのでしょうか?

2011年2月 9日 (水)

おでんな話

ひろぽんさんが「おでんのおいしい街に出かけよう」という記事を書いています。そこで、実家の関西風のおでんを思い出してみました。

コメントでも書きましたが、家ではおでんとは言わずに関東煮と言っていた覚えがあります。おでんと言っていたのは、給食だったと思います。特に覚えているのは、みそおでんです。味噌田楽ではなく、味噌味の煮込んだおでんでした。

さて、実家の関東煮に入っていたのは、ちくわ、平天(ひらてん)、ゴボウ天、厚揚げ、玉子、大根、牛すじ、ジャガイモ、ニンジンというところでしょうか。関西の定番ということで、牛すじは入ってましたが、子どもだった私はあまり食べませんでした。

珍しいのは、ジャガイモ、ニンジンあたりでしょうか。ジャガイモはそのまま入れると崩れることも多いので、別鍋で茹でておりました。ニンジンは甘みが出ておでんが美味しくなっていた気がします。ということで、うちのおでんでも入れます。

関東にきて、初めて食べたのが、スジ、ちくわぶ、はんぺんあたりでしょうか。がんもどきなんかも関東にきてから食べた気がします。それにお店で食べたというのも、関東に来てからでした。実家にいたころは家庭料理でしたから。

そして、今現在のうちのおでんには色々なものがはいります。といっても、基本は関西風の具材です。スジ、ちくわぶは入りませんから。はんぺんとか、色々な練り物が入ります。子供達はこれをばくばくと食べています。大根が好きってのがちょっと驚きですが。私は玉子派だったので。

2011年1月31日 (月)

月の生活費が5万円増えたら?

もう、先週の話題になってしまっていますが、「月の生活費があと5万円増えたら?」という話です。

もし、うちの生活費が5万円増えたら、一人に一万円づつ使うというの考えたいです。それぞれに何を使うかは自由にと言いたいところですが、子供達に勝手に使わせるわけにはいかないので、子供達はこんな感じでしょうか。

  • 長男 楽器といいたい所ですが、来年は4年生ということで、塾というのもありかもしれません。普通の塾だと面白くないので、理科実験教室か、自然塾みたいなところでしょうか。
  • 次男 来年から小学生です。何か習い事と考えると、体を動かすもので、空手とか、柔道なんていうのもいいかなと思います。
  • 三男坊 さすがにまだ何がいいのかわかりませんので、とりあえずは貯金ですね。

あと、嫁さんの分は、自由に使ってもらうとして、私の分は何に使いましょうか。月一回1万円ぐらいの食事にみんなでいきましょうか。まあまあ良いところに行けそうですよね。今月はここ、来月はここと楽しめそうです。

2011年1月28日 (金)

お風呂の入り方

今週のお題は、「みんなのお風呂の入り方を教えて!」ということで、うちの入り方を紹介します。

さて、うちのお風呂の入り方は、平日と休日で変わります。まず、平日ですが、基本的に一人で入ります。というか、帰ってくる頃には、みんなお風呂に入ってるので、ゆっくりと一人ではいります。

一人で入るので、ぼーっと、ゆっくりと入ります。最近は、疲れていることもあるので、お風呂の中で寝てしまうこともあります。それだけゆっくりとするので、時間はかかりますが、ストレスの発散にはなります。

逆に休日は、子供達と入ります。最近は、三男坊と一緒にはいるのですが、上二人とも一緒に男だらけで入ることもあります。こういうときは、子供達の体をどんどん洗って、湯船にいれて、上がらせます。

三男坊と二人で入るときも、同じように入るのですが、このときは三男坊が風呂の中で遊んでくれます。それでも、体は洗い、早めにあがろうとします。

そんなとき、三男坊がするのは、通話ボタンを押すことです。ボタンを押すと、嫁さんが迎えにきてくれるので、覚えてしまったようです。嬉々ととして押してくれるので、なかなか止めることはできません。

普通に上がるときはいいのですが、何度も押すこともあり、段々と嫁さんが来てくれなくなります。けど、かわいいので許しちゃいますhappy01

2011年1月24日 (月)

懐かしの共通一次試験

ヒロコさんちの娘さんがセンター試験を受けて、どうしようかと迷ってるということで、とりあえず自分が受験した頃の話を書いてみようと思います。

私がセンター試験を受けたのは、20年ほど前のことになります。その当時はまだセンター試験の前身である共通一次試験という名称でした。確か、五教科五科目を受けて、800点満点になる計算だったと思います。

この時期の入試制度は、共通一次の後に、A日程、B日程とC日程(少数)があり、どこを受験するかを選べるようになっておりました。現役生ということで、のんびりモードでセンター試験を受けました。

その結果はというと、あまりよくありませんでした。高校や予備校で第一志望の大学は無理だろうと言われてしまいました。泣く泣く第2志望の大学とまあ合格するであろう大学に出願しました。

国立の2回の受験までの間に、私学の受験があり、3~4校ぐらいを受けたはずですが、通ったのはK大学のみでした。とりあえず浪人はせずに済むことにはなり、国立の受験とあいなりました。

その結果はというと、両方とも落ちました。私学のK大学に行こうかとも考えたのですが、授業料や、2つ下に弟がいることを考えると、やっぱり国立にと思い、浪人しました。

2年目は、国立大学に合格し、無事に卒業したのですが、あのときは親に無理を言って、浪人させてもらってよかったと思います。親に感謝です。自分の子供にどこまでできるかは分かりませんが、できることはやってあげたいと思います。まあ、勉強を教えるのも含めてですがって、分からなくなってたらどうしようcoldsweats01

2011年1月21日 (金)

タウンマーケット、宅配終了

やっと、仕事が落ち着いてきた謎院です。来週になると、もう少し時間がとれそうですが、どうなることやら。。。

さて、今日家に帰ってみると、いつも通りタウンマーケットが届いていたのですが、その中にこんな紙が入っていました。
Town
タウンマーケット宅配サービス終了のお知らせです。宅配が始まった当初から利用していたのですが、無くなるのは残念です。

単なる広告だけでなく、テレビ番組表もあり、ちょっとした情報もありと楽しんできたのですが、廃刊なってしまいました。このサービスが始まったときは、新聞に取って代わるものになるかと感じたのですが、逆にこちらが終了してしまいました。

ユーザが集まらなかったのでしょうか。それとも広告主が少なかったのでしょうか。あと一月ほどはまだあるので楽しんで行きたいと思います。しかし、終わった後の住所とかはちゃんと破棄してもらえるのかなぁ?言わなきゃ勝手に使われるのかな?

2011年1月20日 (木)

お金で夫婦ゲンカはするか?

先週の話題である"お金で夫婦ゲンカしたことある?"の記事です。

iShareの調査によると、こういうランキングになっています。

  1. 生活費の使い方 58.3% (男性 67.1%, 女性 49.3%)
  2. お小遣いの金額 28.5% (男性 27.6%, 女性 29.3%)
  3. 毎月の貯金額 20.5% (男性 19.7%, 女性 21.3%)
  4. 旅行などの外出に関するお金の使い方 15.9% (男性 21.1%, 女性 10.7%)
  5. 借金の発覚 14.6% (男性 6.6%, 女性 22.7%)

なかなか面白いランキングです。私からすると、男性側の理由はわかるのですが、女性側の「借金の発覚」というのはびっくりしてしまいます。ある日突然、借金がと言われるのでしょうか。

さて、家での夫婦ゲンカの原因はというと、やっぱり生活費の使い方でしょうか。といっても、別にお金を使うことで怒ることはあまりありません。それよりも、どうでもいいような物を置いておくことに対して怒ることはあります。

例えば、うちには一時キーボードが2つありました。子供がピアノを習うということで、知合いから安く譲ってもらったのですが、なぜ2つあるのかということで、ケンカになったことがありました。一つが壊れたので、処分しましたが、もう一つもあまり使ってるようすはありません。

そういえば、壊れたコタツも残ってますね。さっさと処分したほうがいいですよね。そうすれば、部屋が広く使えますしね。

2011年1月18日 (火)

成人式のときは何してた?

少し古いですが、スマッチ!の先週のお題の記事です。

私が成人式に行ったのは、もう20年も前になります。そのころの私は大学生で、久しぶりの友人達と会えることを楽しみに会場へといきました。会場は、市民会館です。

電車に乗って、会場へと辿り着くと、そこは非常に多くの人で溢れかえっていました。男性はスーツ、女性は晴れ着というのが定番でしたが、中には羽織袴や女性でもスーツという人もおりました。

混雑のなか、高校時代の友人を見つけた私は、雑談を始めました。それが楽しくなってきた私は延々とおしゃべりを続け、いつの間にか周りに人が減っているのに気づきませんでした。そう成人式が始まっていたのです。

それも気にせず、ずっと話をしていると、また人が増えてきました。成人式が終わったのです。会場から出てきた人たちは記念品を持ってでてきましたが、私はその後ファミレスへ向かい、さらにしゃべるのでした。

以上、成人式の思い出でしたcoldsweats01

より以前の記事一覧

ツイッター

  • Twitter
2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ